ちくま学芸文庫<br> 向う岸からの世界史―一つの四八年革命史論

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
向う岸からの世界史―一つの四八年革命史論

  • 良知 力【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 筑摩書房(1993/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480080998
  • NDC分類 234.062

内容説明

1848年のウィーンの革命史の実態を詳細に描くなかで、著者は「歴史なき民」こそが歴史の担い手であり、革命の主体であったという事実を掘り起こす。少数民族や賤民が生き生きと描かれた本書は、著者の自己の半生をかけて達成した成果を克服しようとする試みであり、思想史から社会史への転換点を示す記念碑的作品である。

目次

向う岸からの世界史―ヘーゲル左派とロシア
四八年革命における歴史なき民によせて
一八四八年にとってプロレタリアートとは何か
ウィーン革命と労働者階級
もう一つの十月革命―歴史家とプロレタリアの対話として
ウィーン便り

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件