ちくま新書<br> ひきこもりの真実―就労より自立より大切なこと

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくま新書
ひきこもりの真実―就労より自立より大切なこと

  • 提携先に15冊在庫がございます。(2022年01月25日 13時52分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480074461
  • NDC分類 368
  • Cコード C0236

出版社内容情報

「家族と同居する中年男性」ばかりじゃない! 8050問題の陰に隠れた、女性や性的少数者、困窮の実態に迫る。そして、家族や支援者に伝えたい本音とは――。

内容説明

二〇一六年春、東京で「ひきこもり女子会」が開かれた。訪れたのは、「介護離職を機に家から出られなくなってしまった」「男性のいる場に行くのが怖い」という、ひきこもりの女性たちだ。「主婦」や「家事手伝い」に分類されてきた、「見えないひきこもり」が可視化された瞬間だった。ひきこもりには女性も性的少数者もいるし、困窮する人も、本当は働きたい人もいる。そして、それぞれの生きづらさを抱えている。ひきこもり当事者の著者が、「ひきこもり1686人調査」と自身の体験をもとに、ひきこもりの真実を伝える。

目次

第1章 ひきこもり1686人調査(「ひきこもり・生きづらさについての実態調査2019」;ひきこもりは外出しない? ほか)
第2章 ひきこもり女子会(女性のひきこもり;ある日のひきこもり女子会 ほか)
第3章 画一的な支援の課題(調査から浮き彫りになった支援の課題;これまでのひきこもり支援 ほか)
第4章 私はなぜ/どのようにひきこもったのか(「不登校」のない時代に;人とつながる ほか)
第5章 家族にどうしてほしいのか(家族とのかかわり;親にしてほしいこと ほか)

著者等紹介

林恭子[ハヤシキョウコ]
高校2年生で不登校になり、以来30代まで断続的にひきこもって過ごす。2012年から当事者活動を開始。全国で「ひきこもり女子会」を主催する他、メディアや講演を通して、ひきこもりについて当事者の立場から伝えている。現在、一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事。新ひきこもりについて考える会世話人、東京都ひきこもりに係る支援協議会委員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
ひきこもり1686人調査: ひきこもりは外出しない?  ひきこもりは楽? 親が裕福だからひきこもれる? ひきこもり女子会: 女性のひきこもり 現代女性が受けるブレッシャー 体の不調や暴力の被害 画一的な支援の課題: 支援の流れが変わった ブラットフォ—ムをつくる まなざしと姿勢 向き合う<横に並ぶ 安心できる「居場所」 家族にどうしてほしいのか: NGワードとOKワード 「わかり合えない」から始める 本人のことは本人に聞く 親が変わると子も変わる 本気で向き合うとは その船の舵はあなたのもの2021/12/31

おサル

1
女性当事者がひきこもりを語るという意味で稀有な本。2022/01/09

saiikitogohu

1
「「ひきこもり、生きづらさについての実態調査2019」…4分の1以上が2回以上のひきこもり経験があり、複数回にわたる「断続的なひきこもり傾向」…生きづらさの改善、軽減には「安心できる居場所」が必要だと感じている人が50.3%で最多」「9割は趣味の用事やコンビニには出かける」17「経済的自立や就労がゴールとされ、それを目指す支援を受けて到達したところで、希望も未来も見えず、生きることがつらいと感じている人たちにとっては、それはゴールでも卒業でもない。」続2021/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18990850

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。