ちくま新書<br> 日本経済学新論―渋沢栄一から下村治まで

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり

ちくま新書
日本経済学新論―渋沢栄一から下村治まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 07時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 448p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480073143
  • NDC分類 331.21
  • Cコード C0233

出版社内容情報

日本の近代資本主義を確立した渋沢栄一の精神は、いかに高橋是清、岸信介、下村治ら実務家たちに受け継がれたか。気鋭の評論家が国民経済思想の系譜を解明する。

内容説明

水戸学のプラグマティズムを、近現代日本を支えた経済思想へと発展させた人物こそ、渋沢栄一であった。『論語と算盤』で水戸学の朱子学批判を賎商思想批判へと読み換え、尊王攘夷思想から継承した経済ナショナリズムで日本の近代資本主義を確立した渋沢。その精神を受け継ぎ経済政策の実践に活かした高橋是清、岸信介、下村治ら実務家たちの思想に「日本経済学」と呼ぶべき思考様式を見出し、そのプラグマティズムと経済ナショナリズムに危機に立ち向かう実践的姿勢を学ぶ。

目次

第1章 日本の経済学
第2章 論語とプラグマティズム
第3章 算盤とナショナリズム
第4章 資本主義の大転換
第5章 社会政策の起源
第6章 明治の通貨論争
第7章 経済ナショナリスト・高橋是清
第8章 危機の経済思想
第9章 産業政策の誕生
第10章 岸信介の論理と倫理
第11章 下村治の予言

著者等紹介

中野剛志[ナカノタケシ]
1971年生まれ。評論家。専門は経済学。東京大学教養学部卒業。通産省、エディンバラ大学、京都大学准教授等を経て、現在は経済産業省所属。経済ナショナリズムを中心に評論活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

33
本書が明らかにしようとするのは、渋沢栄一、高橋是清、岸信介、下村治に共通して流れている思想(026頁)。重要なことは、渋沢が株式会社制度紹介、普及させただけではなく、自ら設立や経営といった実践に深く関わっていたこと(092頁)。市民社会論で重要なのは、共同体の制約から自立したはずの個人が、結果として、国家に従属する羽目となり、かえって自立を失うという逆説である(096頁)。2021/05/01

17
奇跡の経済教室が面白かったので。本書は渋沢栄一、高橋是清、岸信介、下村治の4人を挙げて、彼らがプラグマティストでありナショナリストであったことや、現代貨幣理論と彼らの思想との相違点を示す。平成以降で、彼らに続いて取り上げたい人物がいないとの嘆きは、著者自らがその系譜を継ぐのだという決意表明にもみえた。2021/02/10

13
渋沢栄一、高橋是清、岸信介、下村治の活動と著作を基に日本独自の「日本経済学」の流れを明らかにしようとした著作。いずれも「経済ナショナリズム」の立場からプラグマティズムに裏打ちされた経済政策を主張し、主流派経済学や新自由主義とは根本的に異なると説く。相変わらず歯切れが良いので面白く読み進めることができた。現代貨幣理論との類似点も触れられていて興味深い。MMTについて議論がなされWGIPが明らかになりつつある今日、「日本経済学」が復活して日本を立て直すべく大きく舵を切ってくれることを願ってやまない。2020/10/20

羊山羊

11
MMT布教本と言うべきか。日本経済学新論と銘打たれているが、その実は日本の代表的経済屋4人を信用貨幣論的観点から見直してやや強引に結び付ける1冊で、紙幅に比して不満足感。しかし、渋沢栄一のプラグマティック、社会関係資本への論語などを通した指摘、高橋是清の経済ナショナリスト等の指摘へのページは現行の岸田政権の経済政策を語るうえで持っていた方がいい知識かもしれない。信用貨幣論への主張以外の所が結構光る1冊になっている。良く注意して読もう!な1冊。2021/11/21

Ryosuke Kojika

10
「資本主義」と一言でいっても時代によって姿は少しずつ変化している。当然の前提として「資本主義」は善ではない。ただ、そのように社会が成り立ったという歴史。善ではないから辞めましょうでもなく、社会を静的ではなく動的なものとして捉え、その時々に最善手を打とうと考える。さらに、その最善手の目的は国民が活き活きと活発な活動ができるかという経済ナショナリズム。現代貨幣理論が正しいとされる現在。資本主義をよい方にコントロールするのは不可能ではない。論語を改めて読みたい。革新官僚としての岸信介の認識を覆された。2020/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15691839

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。