ちくま新書<br> 東京格差―浮かぶ街・沈む街

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくま新書
東京格差―浮かぶ街・沈む街

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月29日 12時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 282p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480071835
  • NDC分類 302.13
  • Cコード C0233

出版社内容情報

「閑静な住宅街」「職住分離」「住みよい街」という発想はもう時代遅れ。二極化する東京で、まちのこれからを再生させる条件を探る。「閑静な住宅街」「職住分離」「住みよい街」という発想はもはや時代遅れ。二極化する東京で、生きのこる街の条件は何か? 豊富な事例も交えつつ具体策を探る。

中川 寛子[ナカガワヒロコ]
著・文・その他

内容説明

「どこに住んでいるか」によって感じられる住所格差。その前提にある「街選び」の条件―自治体の貧富・利便性・地盤等―は、単純に信じられてきた割に、街の未来を何も保証はしない。たとえば庶民の憧れであった「閑静な住宅街」は、住民が高齢化すれば、やがて消滅するだけだ。「住みやすい街」も税収が減る中、おんぶにだっこの住民ばかりではサービスの質を落とさざるを得なくなり、住む満足度は落ちていく。そうした中で、沈むことなく活性化していく街はどこか。住民自身がエリア・マネジメントに携わり、街の価値を創生する、新しい事例を多数紹介する。

目次

第1部 過去:まちの単機能化が進んだ二〇〇〇年以前(江戸の住民は超過密な低湿地に居住;大地主と貧民―土地所有が偏在した明治期;田園都市が作った「住宅街観」 ほか)
第2部 現在:まち選びの「発見」(地価下落で住みたいまちを選べるように;自治体のサービス格差への意識;「土地そのもの」への意識 ほか)
第3部 未来:再生と消滅の時代(「閑静な住宅街」という時代遅れ;「職住分離」という無駄;「住みやすいまち」という勘違い ほか)

著者等紹介

中川寛子[ナカガワヒロコ]
1960年生まれ。住まいと街の解説者。オールアバウト「住みやすい街選び」ガイド。不動産一筋に30余年、買う、借りる、貸す、売る、投資するなど、それぞれの立場を踏まえた上での不動産市場の変化の解説で人気(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

91
図書館本。自治体やなどが努力して街の価値をあげている事例をあげているのはちょっと視点が違うので興味深く読めた。閑静な住宅街は古い考えと感じたのも。2019/06/15

ぶんこ

41
本の題名で私が思っていた内容と違っていて、論文のようでした。かなり研究されていると思いつつ読んだのですが、よく知っている場所が出てきた時点で?がつきました。詳しいようでいて詳しくない。結局は何を知らせたかったのか全く伝わってきませんでした。あまりに広い範囲を取り上げすぎたのではないでしょうか。私の小さな頭では理解できない部分が多い本でした。2019/06/22

ころこ

37
2040年に「日本」の地価が40%下がるということを東京の格差の根拠にしている一方で、東京一極集中も議論の前提にしています。人口減少する将来に郊外が廃れて都心回帰が起こるのはいうまでも無いことです。それを日本全体でみれば、東京一極集中の現象に表されています。本書に期待されるのは、東京一極集中の中に二極化が将来生じることを都心郊外の評価軸を使わないで構造的に分析することです。著者にとって良い街とは、多様性に伴う職住近接と主体的に街づくりを行っている街のことです。この内、職住近接の概念に東京一極集中の要素が混2018/12/26

おかむら

35
住みたい街ランキング的な浮かれた情報ではなく地に足のついた内容。郊外のベッドタウン(閑静な住宅地)は夫婦共働きが普通になった今は不人気で廃れていくとか。若者発の地域コミュニティで街を活性化とか。←コレ田舎でよくあるやつだけど、都会のコミュニティカフェはなんかシャレオツだったわ。素朴なやつも意識高いやつもなんかあの手のやつは良い子臭がして苦手なんだよなー。しかし都会ってそういう「つながり」とかと無縁なとこが気楽で良いところと思ってたけど、どうも震災以降変わってきてるのかな…。2019/02/07

ぺっ君

14
都市の発展について論じた本。昭和30年代の傾向を中心に論じている過去はわかりやすいが、未来について論じているところが、地域活性化の事例紹介に終始してしまっているように見えるのが残念。都市活性化論だと思って読めば参考になる箇所も多いのだが。2019/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13233604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。