ちくま新書<br> 不平等を考える―政治理論入門

個数:
電子版価格 ¥810
  • 電書あり

ちくま新書
不平等を考える―政治理論入門

  • 提携先に20冊在庫がございます(2017年10月20日 23時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480069498
  • NDC分類 311
  • Cコード C0231

内容説明

この二〇年あまり、多くの国で格差の拡大が進んだ。経済は停滞し、国家の再分配政策も機能していない。そうしたなか、所得の低下に苦しむ人々の不安や怒りが、政治を大きく動かし、社会の分断をさらに深めている。いま、この不平等の問題を克服するためにどう考えればいいのか。本書では、私たちが尊重すべき「平等な関係」とは何かを根底から問いなおし、そうした社会を可能にするための制度を構想する。カント、ロールズ、セン、ハーバーマスらの議論を糸口に、現代の最難問にいどむ、政治思想の新たな基本書。

目次

第1部 平等な関係(市民としての平等な地位;制度への不信;公共的価値;承認と連帯;連帯と社会統合)
第2部 社会保障と平等(社会的・経済的不平定への対応;社会的連帯とその理由;自律の保障;福祉国家の諸問題;社会保障の新たな構想;社会保障と政治経済)
第3部 デモクラシーと平等(デモクラシーにおける市民;民主的な正統化と理由の検討;熟議の制度;マス・デモクラシーと熟議;政治参加と代表の諸形態)

著者紹介

齋藤純一[サイトウジュンイチ]
1958年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。横浜国立大学経済学部教授をへて、現在、早稲田大学政治経済学術院教授。専攻は政治理論・政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

格差の拡大が社会に深刻な分断をもたらしている。不平等の問題を克服するため、いかに制度を構想すべきか。いまを考える政治哲学入門。

齋藤 純一[サイトウ ジュンイチ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件