ちくま新書<br> 真理の哲学

電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ちくま新書
真理の哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480064134
  • NDC分類 133
  • Cコード C0210

出版社内容情報

なぜわれわれは一面的な見方を絶対的なものと思いこんでしまうのか?ニーチェから分析哲学までの現代哲学が明らかにした「真理」生成のメカニズムを平易に説く。

内容説明

われわれは、ある限られた状況からの眺め・考え・感覚をたやすく真理ととりちがえてしまう。この病いを癒すためにもっとも有効なのが、ニーチェにはじまる二〇世紀の哲学にほかならない。真理の相対性を明らかにしたニーチェ、その生成メカニズムを分析したフッサール、われわれが真理をいかに生きているかを問い直すメルロ=ポンティ、そして、権力との共犯関係を暴くフーコーを軸に、さらに分析哲学の真理観までを紹介。現代哲学の、そして、われわれが生きることの入門書。

目次

第1章 真理の脱価値化―ニーチェ(“眺望固定病”;力への意志;“自我”“真理”“実体”)
第2章 真理の生成―フッサール(“真理”の場所―志向性理論;自我という構造;超越論的速度性)
第3章 生きられる真理―メルロ=ポンティ(原初的構造―『行動の構造』;“状況-身体‐系”の力動的分析―『知覚の現象学』;“世界”の分節化―知覚;肉)
第4章 真理の政治性―フーコー(「理性」の他者―『狂気の歴史』;『言葉と物』;権力と生政治;言説が生成する場―力への意志;フッサール、メルロ=ポンティ、フーコー)
第5章 真理制作の方法―フレーゲからクワインまで(分析哲学の歴史;超越論的パースペクティヴィズムと分析哲学)

著者等紹介

貫成人[ヌキシゲト]
1956年神奈川県に生まれる。1985年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、専修大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

4pk〄ふぉーぷく

3
抽象的な説明の後に具体的な説明が繰り返されるので読みやすい前提として知識を多く必要とするので、一度読むだけでは結局何を示したいのか曖昧な理解で止まるところが多かったので、もう一度読み直したい2012/06/06

七忍ミイラ

2
ニーチェ、フッサール、メルロ=ポンティ、フーコー、分析哲学と、通常絶対的なものだと思い込んでいる真理を、時代や状況によってつくられたものだと暴き出した哲学者の議論を、超越論的パースペクティヴという切り口から連結されている。力への意志を真理をつくりだすメカニズムと捉える。フーコーの生権力論を、初期の『言葉と物』の時点から捉え直している印象だが、これには違和感があるものの、よい冒険とも言える。ドゥルーズについても触れているが、実にわかりやすい解説がなされている。2017/07/02

Go Extreme

1
真理の脱価値化―ニーチェ: 眺望固定病 力への意志 自我・真理・実体 真理の生成―フッサール: 真理の場所―志向性理論 自我という構造 超越論的速度性 生きられる真理―メルロ=ポンティ: 原初的構造 状況-身体‐系の力動的分析 世界の分節化―知覚  肉 真理の政治性―フーコー: 「理性」の他者 『言葉と物』  権力と生政治 言説が生成する場―力への意志  フッサール、メルロ=ポンティ、フーコー 真理制作の方法―フレーゲからクワインまで: 分析哲学の歴史 超越論的パースペクティヴィズムと分析哲学2022/01/02

Hayek

0
★★☆☆☆パースペクティヴィズム、限定された情報が全てとする傾向。虚妄、虚構。全ての価値は、人間の支配形態の維持向上の必要性から誕生。価値の脱価値化がニヒリズム。二項対立は根拠なき独断に過ぎない(悪は善が欠如したもの)。人間は行動を約束出来ても、感情を約束出来ない。神、イデアは箔付けの欺瞞。神の視点を否定する反実在論。デカルト的図式、主観(自我)は身体を持たず世界(客観)とは独立に存在する認識主体。エピステーメ、各時代固有の知の空間(人々の行動や知覚、思考を可能にし制限するもの)。真理は権力の為の虚構。2016/01/29

JOJO

0
<>でくくったものが多すぎて、イマイチ何を言いたいのかわからなかった。個人的にフーコーに興味を持ったのでフーコーの著作を読んでみたい2011/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。