ちくま新書
義務教育を問いなおす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 318p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480062437
  • NDC分類 372.1

内容説明

いま、義務教育制度の見直しが急ピッチで進められている。だが、その方向は正しいのだろうか。義務教育は子どもと社会の根幹に関わるものだ。その在り方が歪むなら、社会もまた歪んでいく。本書では、教育社会学の第一人者である著者が、義務教育の意義を問いなおすことを出発点として、“強者の論理”に従った改革プランの問題点を整理し、「公の営み」としての義務教育改革を提言する。教育の再生を考える人のための基本文献。著者渾身の一冊。

目次

序章 問われるヴィジョン―どのような教育と社会の未来を構想するのか
第1章 危機に瀕する日本の教育
第2章 公教育・義務教育の意義と役割
第3章 二一世紀の義務教育問題
第4章 「ゆとり教育」の是非と行方
第5章 グローバル化時代の学力形成
終章 未完のプロジェクト―二一世紀の教育課題と改革・実践の指針

著者紹介

藤田英典[フジタヒデノリ]
1944年生まれ。専攻は教育社会学。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了、スタンフォード大学教育系大学院修了(Ph.D.)。東京大学教授・教育学部長を経て、国際基督教大学教授。中央教育審議会義務教育特別部会委員