ちくま新書<br> フットボールの文化史

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ちくま新書
フットボールの文化史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480057532
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0222

内容説明

いまや世界的なスポーツになったサッカーとラグビーの始まりは、紀元前にまでさかのぼることができる。中世に入るとキリスト教と深い関わりをもつようになり、それは民俗フットボールとよばれた。それがパブリック・スクールの教育システムに組み入れられることによって、ルールが整備され、大英帝国の建設とともに世界に広がっていく。英国社会の鏡像としてのフットボールの歴史を、エピソード豊かに物語る。

目次

第1章 四旬節前の大騒ぎ―フットボールの始まり
第2章 下級生いじめはフットボールで―パブリック・スクールとフットボール
第3章 相手の脛は蹴ってもよいか―サッカーとラグビーの成立
第4章 土曜日の午後はフットボール―プロのスポーツとアマのスポーツ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kumisuke92

0
『ふしぎの国イギリス』の次に読んだので、フェアネスを愛するイギリス人の人格形成にフットボールがいかに関係していたかという点がとても興味深かった。ミドルクラスや上流階級の子弟たちは、社会に出て行く鍛錬として、パブリックスクールではあえて個人競技ではなくフットボールやクリケットといった集団競技により、フェアプレーの精神を学んだのだという。また途中までは不可分に成立してきたサッカーとラグビーが、プロ化の歴史の違いによりファン層を分けたという分析も、非常に勉強になった。2015/07/26

PYRRHUS

0
前史的な「民俗フットボール」に関する記述も興味深いが、やはりパブリックスクールにおける近代フットボールの成立が勉強になる。ラグビーはサッカーから分化したのではなく、学校によってルールがバラバラに進化していたなかの一形態であった。ラグビーの画期的な点は「ボールを手で持って走る」ことであって、手を使ってボールをキャッチできるルールはそれ以前にもあったという歴史が意外だった。 都並の名前が出てきて隔世の感(98年刊)。2013/11/25

きりのん

0
エリス少年は何故伝説になったかの謎が今ここに!たった一つの行為がラグビーとサッカーを分けるとは思わなかった2010/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/393959

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。