• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
テス〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 474p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480039866
  • NDC分類 933

内容説明

19世紀末イギリス南西部、マーロット村に住む美貌の少女テス。父は酒好き。母もまた愚かしく、一家はどうしようもなく貧しい。長女のテスは健気にも一生懸命働くが、父が「一家は貴族の血を引く」と聞き込んだ時から、運命が狂い始める。金持ちの同族から援助を得ようと、使いにやられるテス。嫌がるテスを、同族だから物乞いではない、と説得する両親。こうしてテスはダーバヴィル家を訪ね、使用人として奉公することに。そして迎える“宿命の男”アレックとの出会い。運命の皮肉を容赦なく描き、“無慈悲な偶然”の存在を浮彫りにして、20世紀文学の開幕を告げた問題作。全面新訳。

著者紹介

ハーディ,トマス[ハーディ,トマス][Hardy,Thomas]
1840‐1928。小説家、詩人。イギリス南西部ドーチェスター近郊の農村に生まれる。ヴィクトリア朝リアリズム小説を大成すると共に、不条理な感覚や、象徴主義的、表現主義的な手法で、20世紀小説の先駆となった。近年は詩人としての評価も高まっている

井出弘之[イデヒロユキ]
1936年生まれ。東京都立大学名誉教授。英文学専攻