• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
汁かけめし快食學

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 363p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480039781
  • NDC分類 383.8

内容説明

「汁かけめし」である。「ぶっかけめし」とも言う。「大衆食の会代表」による、なぜ「汁かけめしはウマイ!」のか、なぜ「汁かけめしはスゴイ!」のかについての深遠にして主観的な探索。考察は「ネコまんま」から「丼もの」「庶民のかけめし力」「味噌汁ぶっかけめし」「皿ものかけめしカレーライス」へと及び、読めば即ちかけめしかっこみたくなる、快感満載の庶民食文化考。

目次

第1章 さあ、熱く、汁かけめしを思いおこそう!
第2章 なぜ、人びとは、かくもネコまんまに興奮するのか?
第3章 丼物と汁かけめしの真相
第4章 日本庶民のかけめし力を探る
第5章 懐石料理の大家はいった
第6章 味噌汁ぶっかけめしの真相
第7章 汁かけめしイケマセンと雑穀食
第8章 かけめし風雲録
第9章 流行絶好調の汁かけめし
第10章 皿物かけめしカレーライス

著者紹介

遠藤哲夫[エンドウテツオ]
1943(昭和18)年新潟県六日町生まれ。通称「エンテツ」。「大衆食堂の詩人」といわれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)