ちくま文庫<br> 悪魔はあくまで悪魔である―都筑道夫恐怖短篇集成〈1〉

電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
悪魔はあくまで悪魔である―都筑道夫恐怖短篇集成〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 533p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480039668
  • NDC分類 913.6

内容説明

悪魔に見込まれた男の“取りひき”を描く表題作ほか、ミステリー、ホラー、時代小説、SFと幅広い活躍を続け、昨年、急逝した著者の数多い短篇の中から、最も魅力ある「恐怖短篇」の傑作を全3冊にまとめるシリーズ第一弾。

著者紹介

都筑道夫[ツズキミチオ]
1929(昭和4)年、東京生まれ。早稲田実業を中退。雑誌編集のかたわら十代後半から時代小説を執筆。後、推理小説の翻訳に携り、1956(昭和31)年早川書房に入社。「エラリー・クイーンズ・ミステリー・マガジン」の日本語版編集長を経て、1961(昭和36)年に「やぶにらみの時計」を発表。以後、「三重露出」「なめくじ長屋」シリーズ、「七十五羽の烏」「退職刑事」「キリオン・スレイ」シリーズほか幅広いジャンルで数多くの作品を発表。2001年、「推理作家の出来るまで」で日本推理作家協会賞を受賞。2002年、日本ミステリー文学大賞を受賞。2003年11月27日ハワイにて逝去