ちくま文庫<br> フィレンツェだより

電子版価格 ¥918
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
フィレンツェだより

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037985
  • NDC分類 945

内容説明

イタリアの古都フィレンツェを訪れ、はじめてルネサンスの息吹にふれた若き日の詩人リルケは、その感動を生涯の星ルー・サロメに書き送った。15世紀の輝かしい芸術の春を典雅な筆致で描き、芸術家の創造と孤独と苦悩に思いを馳せ、都市の深みを幻視する書簡体エセーを、この作品と衝撃的な出会いをもった森有正氏渾身の清冽な名訳でおくる。

著者紹介

リルケ,ライナー・マリア[リルケ,ライナーマリア][Rilke,Rainer Maria]
1875‐1926年。プラハ生まれ、オーストリアの詩人

森有正[モリアリマサ]
1911‐76年。東京大学仏文科助教授を経て、1950年渡仏。後パリに定住し、26年間、ソルボンヌ、国立東洋語学校などで、日本語や日本の文学と思想を講じる