ちくま文庫
日本エロ写真史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 218p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037558
  • NDC分類 740.21
  • Cコード C0172

内容説明

「旦那、いい写真があるよ」と言ったのかどうか、かつて繁華街の暗がりや通信販売などで売買されたエロ写真―。その歴史は幕末に端を発し、戦地の兵隊の慰問用や、満州や大陸からの流入など広大な背景をもつものなのだ。喜びや哀しみ庶民の感情もいきいきと伝えるエロ写真の数々、さらにはフレンチ・カードなども紹介する、本邦初のエロ写真百年史。

目次

エロ写真のあけぼの
横浜写真と“生活ヌード”の流行
アマチュア・エロ写真の登場
レズ・ブームとエロ写真
エロと芸術の分離
パリ万博とフレンチ・カード
日露戦争とエロ写真
大正のモデル・ブームとエロ写真
SM写真の登場
パロディ・エロ写真の流行
「満州」のエロ写真
爆発!戦後エロ写真

著者等紹介

下川耿史[シモカワコウシ]
1942年福岡県生まれ。サンケイ新聞社を経て、フリー編集者、家庭文化史、性風俗史の研究家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

内島菫

31
作者や解説者はエロ写真に反骨精神を見ているようだが、本書にもある通り、日露戦争時に政府は出征軍人の慰問袋に官製のエロ写真や絵を詰めたというのだから、私には不可解な態度に思われた。確かにエロ写真は取り締まりの対象ではあったが、そのことを免罪符として掲げても結局は「見る側(=男性)」という既得権益者同士による勢力争いに過ぎない。洋の東西を問わずカメラの誕生や輸入とほぼ同時にエロ写真は誕生し爆発的に広がっているのだから、官憲のやっているふり仕事である取締り程度ではなくなる心配はない。2017/01/16

たまネギ子

2
戦前のエロ写真はどれも間の抜けた感じがするけど、画家・伊東晴雨のSM写真は別格。ポージングやシチュエーションて大事なんだな。2017/12/07

勉誠出版営業部

2
下川耿史さんの『日本エロ写真史』を読了。明治期に写真技術が日本にやってきて、すぐにいわゆるエロ写真(ヌード)が撮られたというのは、VHSの普及にアダルトビデオが一役を買ったという事実に似て、「エロ」の重要性(?)を感じる。戦中あたりがすっぽりと抜けていたので、このあたりも是非知りたいところ。2013/05/28

あんこ

0
戦争に持ってったみたいよ。2008/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/49222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。