• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
プルースト評論選〈1〉文学篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 526p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037510
  • NDC分類 954

内容説明

20世紀文学の最高峰『失われた時を求めて』全7篇の小説家プルーストはまた、たぐい稀な批評家でもあった。ヨーロッパの長い文学的遺産の上に立って同時代に透徹した眼をむけ、対象に潜む美と真実を的確に捉えた卓抜な評論を全2冊に収める。1は独創的なネルヴァル、ボードレール、バルザック論を含んだ、“小説”の創作につながる『サント=ブーヴに反論する』を軸とする文学論を集成。

目次

サント・ブーヴに反論する(序文草案;サント=ブーヴの方法 ほか)
文体とその周辺(フローベールの「文体」について;ボードレールについて ほか)
作家論断章(ジュール・ルナール;アンリ・ド・レニエ ほか)
自作を語る(プルーストによる『スワン』解説;一九一五年末ごろのプルーストによる小説続篇の解明 ほか)
書評・断章(ド・ノアーユ伯爵夫人著『眩惑』;詩的創造 ほか)

著者紹介

プルースト,マルセル[プルースト,マルセル][Proust,Marcel]
1871年7月10日、当時のパリ郊外オートゥイユに生まれる。1922年11月18日、没

保苅瑞穂[ホカリミズホ]
1937年生。独協大学教授