• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
人を覗にいく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 357p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037077
  • NDC分類 281.04

内容説明

つげ義春、古沢岩美、北杜夫ら異色の作家や文化人たち。また、価格破壊のディスカウントショップ、ゴミ処理、老人ホーム、出版界など実業の世界を、強烈な個性でノシ歩く人々。世紀末から新世紀にかけて、人生の賞味期限をギリギリまで究めるこれらの偉人、怪人22人を、実力派のノンフィクション作家が軽快なフットワークで捉らえた人物ルポの傑作集。

目次

不安と休筆と貧困と―つげ義春(漫画家)
キャンバスは戦争とエロスの匂い―古沢岩美(画家)
父、茂吉を赤裸々に書く―北杜夫(作家)
「軽妙洒脱」に反骨の爆薬をしこんで―出久根達郎(作家・古書店主)
古本「巌窟王」の過剰なる人生―谷口雅男(「ふるほん文庫やさん」)
出版界最後の怪物―斎藤十一(新潮社顧問)
「閣下」魂の炸裂―松原治(紀伊国屋書店会長兼社長)
悲しき性の突撃兵―村西とおる(AV監督)
狂気のフィルム行商人―渡辺文樹(映画監督)
地獄極楽陽炎座―荒戸源次郎(映画プロデューサー)〔ほか〕

著者紹介

佐野真一[サノシンイチ]
1947年、東京生まれ。早稲田大学卒業。ノンフィクション作家。社会の片隅や裏側から時代をえぐりとるようなルポや、綿密な資料調査とねばり強い取材によって近現代史の闇に正面から迫り読者を圧倒する作品を書きつづけている