ちくま文庫<br> 定本 艶笑落語〈3〉艶笑落語名演集

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
定本 艶笑落語〈3〉艶笑落語名演集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036339
  • NDC分類 913.7

内容説明

「きいているご婦人が、アラと顔をあからめる程度でしょうね。居たたまれなくなって、席を立つなんざぁ、もういけません」(三遊亭円生)。古今亭志ん生、橘ノ円都といった大長老の口跡が聞こえてくるような、艶笑落語名演集。その顔ぶれ演題すべてがベストの決定版。話芸の中の“お色気”をぞんぶんに堪能していただきたい。

目次

鈴ふり(古今亭志ん生)
松茸(三遊亭円歌)
宿屋かか(橘ノ円都)
雑話 橘之助色ざんげ(土橋亭里う馬)
女護が島(島めぐり)(三遊亭百生)
有馬小便(桂小南)
目ぐすり(都家歌六)
宿屋ぼぼ(橘家円太郎)
蛙茶番(三遊亭金馬)
鼠の耳(林家染語楼)
妻投げ(古今亭甚語楼)
茶漬け間男(林家染丸)
姫かたり(古今亭志ん生)
下口(橘ノ円都)
紙入れ(古今亭志ん生)
人形の目(露乃五郎)
大神宮(初代 柳家小せん)
錦の袈裟(三遊亭金馬)
時計屋(林家染語楼)
吉田御殿(古今亭志ん好)
にせ金(三代目 蝶花楼馬楽)
まちがい(橘家円太郎)
尻餅(三笑亭可楽)
鬼門風呂(橘ノ円都)

著者紹介

小島貞二[コジマテイジ]
1919年3月、愛知県豊橋市生まれ。新聞記者、放送作家を経て演芸・相撲評論家。日本放送作家協会々員、国立劇場演芸場運営委員、笑芸研究「有遊会」代表、相撲研究「貞友会」顧問、朝日新聞千葉版「千葉笑い」選者