ちくま文庫<br> 一茎有情―対談と往復書簡

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
一茎有情―対談と往復書簡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036223
  • NDC分類 753.04

内容説明

詩人・宇佐見英治と染織家・志村ふくみ。「言葉」と「染織」という別の表現をもちながら、それぞれの領域で芸術の深奥に触れようとする二人の間で、四季にわたって行われた対談と往復書簡。植物、鉱物の色、染織の不思議、文学の中の色、言葉の起源から、古今東西の芸術家の仕事に至るまで、それぞれの生い立ち、経験、培われた感覚を通して語り合うことがいつしか響きあい、交響的な芸術論となっていく。

目次

冬の章
春の章
夏の章
秋の章

著者紹介

宇佐見英治[ウサミエイジ]
1918年大阪生まれ。詩人、仏文学者。1941年東京大学文学部卒。主な著作に『宇佐見英治自選随筆集』(筑摩書房)『縄文の幻想』(平凡社ライブラリー)『三つの言葉』(みすず書房)などがある。1996年『明るさの秘密』で宮沢賢治賞受賞

志村ふくみ[シムラフクミ]
1924年滋賀県近江八幡生まれ。1955年、植物染料による染色を始める。1983年『一色一生』により大仏次郎賞受賞。1990年、重要無形文化財保持者に認定される。1993年、『語りかける花』によりエッセイストクラブ賞受賞