ちくま文庫<br> ねぼけ人生 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
ねぼけ人生 (新装版)

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480034991
  • NDC分類 726.1

内容説明

陽気な落第生だった少年時代、ラバウルで死の淵をさまよい片腕を失った戦争の時代、赤貧のなかで紙芝居や貸本マンガを描き続けた戦後、そして突然訪れた「鬼太郎」と妖怪ブームの中で締め切りに終われる日々。波爛万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた、したたかな日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。

目次

1 落第(先祖のこと、家族のこと;のんのんばあと妖怪たち;死と霊におびえる ほか)
2 戦争(兵役につき、ラバウルへ;決死隊に入れられる;爆撃で片腕を失う ほか)
3 貧乏(紙芝居作者となる;壊滅状態の紙芝居業界;貸本マンガで苦闘する ほか)
4 多忙(貧乏神が去り、福の神が来る;変わったアシスタントたち;多忙地獄の中で ほか)

出版社内容情報

戦争で片腕を喪失、紙芝居・貸本漫画の時代と、波瀾万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた水木しげるの、面白くも哀しい半生記。
【解説: 呉智英 】

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件