ちくま文庫<br> アメリカ語を愛した男たち

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
アメリカ語を愛した男たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 335p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034496
  • NDC分類 830.4

内容説明

ハードボイルド―直訳すれば固ゆで玉子。それがなぜ「非感傷的な、こわもてのする、無情な」になったのか。「tough」を「タフ」と訳せない理由は何か。小さな言葉の切れはしから、アメリカが見えてくる。ハメット、チャンドラー、ヘミングウェイ、デイモン・ラニアン…耳でとらえたイキのいいアメリカ語を活字に定着させた作家たち。彼らと一緒に言葉の探検に乗り出そう。

目次

「ハードボイルド」事始
谷譲次に俗語を習おう
オプはいつ「私立探偵」になったか
卵が先か、ニワトリが先か
『大いなる眠り』の比喩表現大研究
チャンドラーの香りとは?
「ハードボイルド」再説
ラニアンをひとかじり
野郎どもと女たち
ラニアン風誘拐料理〔ほか〕