ちくま文庫<br> 戦中派天才老人・山田風太郎

ちくま文庫
戦中派天才老人・山田風太郎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034335
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

内容説明

―山田さん、結構おんなじこといいますね。「実はぼくはもうこの世の人じゃないんだ」―は?「実は昭和64年、ぼくは例のごとく酔っ払って階段から落ちた。そして死んだ」―は?天才老人の機知、警句、妖説、飄逸、健忘!おそるべき大作家の実像ここにあり!通いつめること一年有半。知られざる大作家の素顔がいま明される。

目次

十月の薄暮
十一月の宿痾
十二月の排泄
翌年一月の虚空
翌年二月の追懐
翌年三月の幻景
翌年四月の放心
翌年五月の健忘
翌年六月の妖人
翌年七月の疑念〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヨーイチ

41
読む本が1656(生まれた年ね)以前発表の物が、段々増えて来ている様な気がしている。老化とも言えるが、ネットとかAmazonで作家、古書が素人でも捜し易くなったからってのも有ると思う。似た感じで50代以降にハマった作家も何人かいて「世の中は未知の楽しみに溢れている」って希望も捨て切れていない。小生にとって山田風太郎と獅子文六はその双璧で見つけたら調べる、買うの状態が続いている。良し悪しは別にして小説よりもエッセイ、雑記が面白い作家もいるが風太郎は圧倒的に小説家と言える。続く2020/03/08

Ryoichi Ito

8
あのとき(山田風太郎が五歳の時)お父さんが死なずに元気でいたら,ぼくは中学校で不良にならなかっただろう。したがって割合いい成績で中学を卒業し,もちろん教練の修了証ももらい,すんなりと高等学校へ入っただろう。とすれば軍需工場で働くこともなく,便所の向かい側の劣悪な三畳間にも住まず,栄養不良と過労から肋膜にもかからなかっただろう。すると兵隊にとられても即日帰郷にはならず,まず間違いなく,中学の多くの同級生と同じように腺しか戦病死していただろう。そして,今ここにこうして君と話すこともなかっただろう。 2021/10/11

さっと

7
本書をメルカリで購入するという古本屋通いからネット通販検索へニューノーマル・新しい生活様式も板についてきた年の瀬。「山田風太郎は戦中派であり、物語の天才的作者であり、1990年代の老人である」。たしかに。月一の訪問(雑談)からインタビュー形式でまとめられた構成がお見事。天才老人の気ままな発言を著作にあたって裏付けする、という芸当もすごい。個人的には推理小説作家としてデビューした関係から江戸川乱歩にけっこうなボリュームが割かれていて興味深かった。若禿げコンプレックスという新説にして妖説には笑いがとまらない。2020/12/30

讃壽鐵朗

1
二度目だが、山田風太郎の本気なのか、恍けているかの境のような会話が面白し2014/04/06

栄吉

0
★★★★★ ちまちま読み。再読になるのかな、何処で読んだ覚えがあるが、思わず笑ってしまう所もあり、鬼才?奇才な作家です。2017/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/119195

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。