ちくま文庫<br> リチャード三世―シェイクスピア全集〈7〉

個数:

ちくま文庫
リチャード三世―シェイクスピア全集〈7〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月20日 08時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 289p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480033079
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

「口先で奇麗事を言う今の世の中、どうせ二枚目は無理だとなれば、思い切って悪党になりこの世のあだな楽しみの一切を憎んでやる」。世界を憎悪するリチャードは実の兄を陥れ、殺した敵の妻を口説き、幼な子を惨殺し、利用しつくした臣下はごみのように捨て―。奸計をつくして登りつめた王座に、破滅はあっけなく訪れる。爽快なまでの「悪」を描いた傑作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

143
王家の歴史において稀代の悪役。見た目にわかる障害を持って生まれた者は、嫉妬深い用心すべき人物だと描かれることは多いのではないかと『ストーナー』でもあった偏見を想う。行き詰まった頃に現れる王家の血を引くたくさんの亡霊たちが、呪いと「死ね」という言葉を次々にリチャード三世に投げつける。最期に赤と白の薔薇の呪いをとく祈りは、本来はヨーク家が世継ぎだという長年の強い怒りがもたらした血塗られた歴史の幕引きに相応しい。この劇はエリザベス一世の時に上映されたのだから、大団円だ。海を渡るリッチモンド、のちのヘンリー7世。2022/01/08

KAZOO

91
シェイクスピアの作品には結構昔の王様の名前を関したものが多いのですが、イギリスの王朝の歴史が細かいところまでわからないのでいつも読まないでいることが多かったのです。松岡さんの訳で初めてリチャード三世を読んだのですが、これくらいの悪になるとかえって小気味よさが伝わってきます。最初の独白のセリフがいいですね。これでもう引き込まれてしまいます。誰がやればいいのかなどを考えていると楽しくなります。年寄りではジャック・ニコルソン、中年ではホアキン・フェニックスあたりですかね。2015/08/09

Gotoran

64
せむしで、チビという醜悪な容姿でありながら、鬱屈とした野心で、敵、兄、家臣、妻を次々に殺害し、苛烈な攻撃性と狡猾さに加えて、言葉巧みに、王位を簒奪していくグロスター公リチャード(『リチャード三世』)の栄光と破滅が描かれる。手段を選ばず権謀術数に長け、悪の権化と化したリチャードのエゴに加え、登場人物が憎しみ合いドロドロとした人間模様の中に、自己中心的なエゴイズムが垣間見られた。2017/07/25

yumiha

49
シェイクスピアによって極悪人にされたリチャード三世、という評をどこかで読んだ記憶があったのでチョイス。なるほど、初っ端から自ら悪党宣言をなさっておられる。そして、権謀術数をめぐらして善人のふりをして、次々と親族その他を死に追いやる。圧巻は、第三幕第7場のバッキンガム公との猿芝居。でもそれが周囲の人には見え見えだったことが情けない…。そんなリチャード三世を解説の中野春夫も、シェイクスピアによって貼られた「悪のレッテル」と分析されている。きっと私の読んだ評の元ネタは、この解説だったんだろう。2022/10/11

鐵太郎

33
この戯曲については前に違う二つの訳で読んでおり、松岡さんが三冊目。英国きっての極悪人とされたリチャード三世という人物を、生々しい人間的な悪党として描き上げたシェイクスピアの傑作史劇です。史実のリチャード3世の人物像は別として、この希代の悪党の一つの典型を作り上げた手腕はさすが。醜い外観で生まれ、歪んだ心を持ちながら、剛勇にして口八丁、屈することを知らない人間不信のこの男は、魅力的ですらあります。下僕を殴っておいて詫びる、「すまなかった。この財布をとれ。痛み止めだ」という人間くさいセリフに、乾杯。2021/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/414840
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。