ちくま文庫<br> ロミオとジュリエット―シェイクスピア全集〈2〉

個数:

ちくま文庫
ロミオとジュリエット―シェイクスピア全集〈2〉

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2024年05月20日 08時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480033024
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

モンタギュー家の一人息子ロミオは、キャピュレット家の舞踏会に忍びこみ、その仇の家の一人娘ジュリエットと一目で激しい恋に落ちてしまった…。宿命的な出会いと、短かく悲しい破局をむかえる話はあまりにも有名であり、様々な悲恋物語のモチーフとなっている。その代表的傑作をさわやかな新訳で。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

83
松岡さんの訳による2冊目です。4大悲劇のひとつです。松岡さんの訳は読んでいても小気味よさがよく表れているように感じます。いろいろ意味を持たせる表現やセリフがありそれをうまく書かれています。若干喜劇的なところもあったりします。このセリフを読むにつれ、うまくあまり長くない劇にまとめたという感じがします。2015/07/29

クプクプ

79
シェイクスピアは新潮文庫で数冊読んだだけでしたが、ある雑誌の記事の情報から、ちくま文庫の松岡和子さんの訳がいいと知り手にとりました。注釈が本文と同じページに書いてあるので理解しやすかったです。現在より科学が発達していない昔は縁起のいい植物などを信じていたと知りました。私は本来、物語の登場人物に感情移入する方ではないですが、ロミオとジュリエットの恋には胸が熱くなりました。しばらく松岡和子さんの訳でシェイクスピアを楽しみたいです。2021/09/13

絹恵

44
地上の星に手を伸ばすような恋をしていました。美しい部分ばかりが切り取られる悲劇だけれど、退屈な恋愛よりも面白い面倒くささを楽しむものだと思います。そして血を贖えるのは血しかないという運命を突き付けています。仇の子供たちの恋はあまりにも刹那的で、それは現代の若さゆえの悲劇だとも言えると思いました。2014/08/30

鐵太郎

31
久しぶりに再読。今回は松岡和子さんの訳。読み返してみて、悲劇の要素はあまり感じられなかったのが不思議。それより感じたのは、無軌道・無責任な若者の思慮の浅い暴走と、修道僧ロレンスの謎。悲劇としては小粒なかんじ。 ──二人も殺したロミオの罪をまず掲げるべきだと思うけど、ジュリエットも間抜け。魔術師めいたロレンスは、修道僧であるのなら婚姻を司る権限はないのでは、彼は司祭の資格を持っていたのか、などと考えたけど、指摘する人はいないようなので違うのかな。2016/12/26

歩月るな

23
ロミオとジュリエット。不運な歯車の巡り合わせによる悲劇に何とも言えない後味。それにしてもコミカルな会話が活き活きとしていて鮮烈。マキューシオの猥雑さ、とはいえ圧倒的な会話のセンス、こりゃたしかに完全に喜劇だ。マキューシオの死は伝えられるだけだけど死に向かう前の咆え様と来たら清々しいほどである。「大した傷じゃない」「ああ、井戸ほどは深くはない」演じ方によってはよほど滑稽、されど真剣。マキューシオはほんとうに魅力的なキャラクターである。訳者解説にある演目、吉田鋼太郎マキューシオか、良い役だったんだろうなぁ。2016/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1105
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。