ちくま文庫<br> 笑いと逸脱

ちくま文庫
笑いと逸脱

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 415p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480023865
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「文化と狂気」「失なわれた世界の復権」で、60年代末に一躍注目を浴びた著者が、爾来、日本の言論・思想界を席捲し、世界を股にかけて活躍しつづけたその知的脚力は、他の追随を許さぬものがある。本書は、あまり人眼にふれない様々な媒体に発表された講演・インタヴュー・短文をまとめたものである。そこに著者の旺盛な活動の軌跡が鮮明に浮かびあがる。

目次

1 笑い・遊び・逸脱(笑いについて;「遊び」の本来の姿;規範と逸脱)
2 知的冒険へのインタヴュー(知的冒険への手引き;『道化』あるいは道化的なるもの)
3 人類学の眼・記号論の挑発(悪魔の文化人類学;人を食った人類学;足の文化人類学;学力の文化的前提;幸福論とアイデンティティ論;日本史における規範と逸脱;記号論の挑発性;テキストとしての文化;パラダイム論とスケープゴート論;広告と記号論;広告の挑発性と「新しさ」の神話;詩人と道化)
4 子供の発見(異文化としての子供;子供の発見;「子供の世界」から「大人の世界」へ;お遊びの時間;「出来事」としての絵本)
5 エッセイ・アト・ランダム―旅・履歴・etc(新聞は毎日立つ縁日である;潜在意識が演出する“即興的”本漁り;私の事故初体験;私の図書館・私の大学;終戦直後の語学環境 ほか)
6 南方熊楠とシェイクスピア(南方熊楠と文化人類学;シェイクスピア劇の中の王権・祝祭・道化)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

穂積

0
多分野にわたる知識を縦横無尽につかいこなすさまには憧れる。2011/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/238874

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。