ちくま文庫<br> 老いの微笑

ちくま文庫
老いの微笑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480023131
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「下手な遠慮をせず、自分も生き、生かせていこう…」いつの日か誰にでも訪れるはずの「老い」と「衰え」、そして「死」。ひとはこれらをどのように迎えたらよいのだろう。老いと衰えのさまざまな兆候と症状を冷静にみつめ、思索してきた著者のエッセイ、小説を収める。

目次

自然と人生
老いの微笑 1(老いの門口;冬の色;老境;思想の老若;耳の老い)
日記から(昭和49年)
老いの微笑 2
(老いの微笑;老いの可能性;「若さ」と「老い」;記憶の穴;くりかえし;60前;死者を考え、死を見る)
古い記憶
庭の顔
鎌倉に暮らして
老いの微笑 3(私の健康法;「知人多逝」;ならび年;入れ歯;若い散歩者たち;先刻承知)
自分を生かす
自分は大切か
人生は「思うように」なるか
朝飯
彼岸
形見