伊都国を掘る―邪馬台国に至る弥生王墓の考古学

個数:

伊都国を掘る―邪馬台国に至る弥生王墓の考古学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年05月24日 08時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479840541
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0021

内容説明

「伊都国」とは何なのか?伊都国と邪馬台国との関係は?平原遺跡の国際的考古資料から『魏志倭人伝』にあらわれる古代世界を考える。発掘に長年携わった著者が語る考古学的成果と興味溢れる発掘のエピソード。

目次

伊都国王は倭国王(伊都国とは;大陸文化の流入と「クニ」の始まり;王の出現と王墓;伊都国王は倭国王;伊都国から邪馬台国へ ほか)
伊都国発掘二百十年(無名の藩士・青柳種信;最古の王墓発見;卓越した論文;鏡は金印と相い伯仲;王墓は細石神社の西;三雲遺跡考古学会に登場 ほか)