定時帰宅。―「働きやすさ」を自分でつくる仕事術

個数:
電子版価格 ¥1,036
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

定時帰宅。―「働きやすさ」を自分でつくる仕事術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479794509
  • NDC分類 336.04

内容説明

効率よく働いても定時に帰れないのは、なぜ!?すべての日本人が「定時帰宅」を目指さなければならない理由とは?利用されてしまう「5つの思考」って何?「エリート定時帰宅部」がやっていること・絶対にやらないことを一挙紹介!

目次

第1章 なぜ僕たちは「定時帰宅」を目指さなければならないのか(クレイジー!?外国人すら染めてしまう日本の「職場の空気」;効率よく働いたってどうせ定時に帰れやしない ほか)
第2章 定時帰宅するエリートはみんなこれをやっている―脱社畜の仕事術(同じミスなのになんで人によって評価が違うんだろう;働きやすさとプライベートの両方を目指す ほか)
第3章 定時帰宅するエリートはこうやって人を動かす―脱社畜の人間関係術(まずは同僚を先に定時に送り出そう;「あの人は誰の言うことなら聞くだろうか?」を考えてみる ほか)
第4章 それでも目の前の仕事に追われてしまうのなら読んでください(あなたがいなくたって職場は回る;プライベートより大事な仕事なんて存在しない ほか)

著者紹介

日野瑛太郎[ヒノエイタロウ]
1985年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。大学院在学中、Webサービスの開発をはじめ、それがきっかけとなって起業をするが、あえなく失敗。結局、就職をすることになる。経営者と従業者の両方を経験したことで日本の労働の矛盾に気づき、「脱社畜ブログ」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)