世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略―ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略―ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479794486
  • NDC分類 336.1

内容説明

「新しいこと」を続けていくしか生き残る道はない!「効率性の追求」は解決策にならない。具体的に「何」からはじめるべきか。動きだしてから見えてくること。10年以上にわたるリサーチにもとづく組織が生まれ変わる戦略を網羅。

目次

小さい規模で闘う方法
「カギ」となる存在を口説く
「時代の変化」に対応する
あなたなら、どう改善する?
「まったく新しいこと」をはじめる
すべては「ひらめき」からはじまる
「決める」ことは簡単。ではその「次」は?
「未知の仕事」を前に進める
なぜ「協力」が得られないのか?
ゼロからチームをつくる
「いまの仕事」と「これからの仕事」を同時に動かす
必要なリソースを巻き込んでいく
「予見できなかった問題」に対応する
これまでの「常識」を疑う
急成長には追いつけない
「利益」より「学び」を優先する
「小さな実験」を実行する
「予測できること」と「予測できないこと」を分ける
成功を維持する唯一の方法

著者紹介

ゴビンダラジャン,ビジャイ[ゴビンダラジャン,ビジャイ] [Govindarajan,Vijay]
ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネス国際経営学教授。戦略とイノベーションの世界的権威。ゼネラル・エレクトリック(GE)で主任イノベーション・コンサルタントを務めていた2009年に、ジェフ・イメルトCEOおよびクリス・トリンブルとともに「GEリバース・イノベーション戦略」を発表。最も影響力のある経営思想家を隔年で選出する「Thinkers 50」(経営思想家トップ50)において、2005年以降5期連続でトップ50入り、2011年以降2期連続でトップ5入りを果たす

トリンブル,クリス[トリンブル,クリス] [Trimble,Chris]
ヴァージニア大学を卒業後、ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得。GEやマイクロソフトなど数々の世界的企業でコンサルティングを行った経験があり、現在はダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスで教鞭をとる

花塚恵[ハナツカメグミ]
翻訳家。福井県生まれ。英国サリー大学卒業後、英語教室講師、企業内翻訳者を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)