なぜか好かれる人がやっている絶妙な存在感の出し方

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

なぜか好かれる人がやっている絶妙な存在感の出し方

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479794479
  • NDC分類 361.45

内容説明

いつでも誰からも一目置かれる、ここ一番での印象を強める、自己プロデュース術を紹介。

目次

第1章 人気者たちはさり気なく自己主張している(人気格差の秘密は「参照点」にあった;ガチャピンに学ぶ目力と共感力 ほか)
第2章 自己プロデュースは「どう話すか」より「どう見せるか」(自分用のプロデューサーを見つける;テツandトモが営業力ナンバーワンである理由 ほか)
第3章 ライバルに先駆けて存在感を高める方法(生徒会も国会も、選挙はしょせん人気投票である;飲み会も合コンも積極的に行った者が勝つ ほか)
第4章 コミュ力は行動、感情、ことばで決まる(コミュニケーションにも才能の有無はある;「自由な人」は、それだけでコミュ力がある ほか)
第5章 自分がどう思うかではない。相手がどう思うか(自己実張する際には空気を読もう;おもしろい話よりも、わかりやすい話を ほか)

著者紹介

堀田秀吾[ホッタシュウゴ]
1968年生まれ。明治大学法学部教授。言語学博士(シカゴ大学)。法と言語科学研究所代表。スカイアイ・プロデュース取締役。ハワイ大学ロースクール客員研究員。専門は「司法コミュニケーション」。法というコンテキストにおけるコミュニケーションに関して、言語学、心理学、法学の知見を融合したアプローチで研究を展開している。執筆活動においては、専門書に加えて、研究活動において得られた知見を活かして、一般書・ビジネス書・語学書を刊行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)