そなえ―35歳までに学んでおくべきこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479793618
  • NDC分類 783.7

内容説明

「言葉を身につけよ」「“一”にこだわれ」「勝利の女神は言い訳を最も嫌う」「未熟者にスランプなし」―そのときになって慌てても遅い。人生の転機を迎える時期までに、そなえるべきこととは。

目次

はじめに 見ている人は必ず見ている
1 人間的成長なくして技術的進歩なし
2 「失敗」と書いて「せいちょう(成長)」と読む
3 満は損を招き、謙は益を受く
4 おのれを知り、徹せよ
おわりに 夢は必ず叶う。叶わないのは努力が足りないからだ

著者紹介

野村克也[ノムラカツヤ]
1935年京都府生まれ。1954年にテスト生として南海ホークスに入団。1965年、戦後初の三冠王に輝く。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回を獲得。1970年、35歳で選手兼監督に就任、1973年にリーグ優勝。その後、選手としてロッテオリオンズ、西武ライオンズでプレー。1980年のシーズンを最後に引退する。解説者として活躍後、1990年よりヤクルトスワローズ監督として、球団をリーグ優勝4回(日本一3回)へと導いた。阪神タイガース監督、社会人・シダックス監督を経て、2006年より東北楽天ゴールデンイーグルス監督。2009年、同球団の名誉監督に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

その差はいつ生まれるのか──謙虚に学び、無駄を厭わず、変わることを恐れるな。名監督が語る、伸び続ける人生のために大切な心得。

【著者紹介】
1935年京都府生まれ。1954年にテスト生として南海ホークスに入団。1965年、戦後初の三冠王に輝く。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回を獲得。1970年、35歳で選手兼監督に就任、1973年にリーグ優勝。その後、選手としてロッテオリオンズ、西武ライオンズでプレー。1980年のシーズンを最後に引退する。その後解説者として活躍後、1990年よりヤクルトスワローズ監督として、球団をリーグ優勝4回、日本一3回へと導いた。阪神タイガース監督、社会人・シダックス監督を経て、2006年より楽天ゴールデンイーグルス監督。2009年、史上5人目となる監督通算1500勝に輝き、球団を初のクライマックスシリーズに進出させた。同年、同球団の名誉監督に就任。著書に『野村ノート』『野村再生工場』『私が野球から学んだ人生で最も大切な101のこと』『野球のメキキ』等、多数がある。