「話がわかりやすい!」と言われる技術スケッチ・トーキング

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「話がわかりやすい!」と言われる技術スケッチ・トーキング

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479793472
  • NDC分類 809.4

内容説明

一生懸命しゃべっているのに、なぜ伝わらないのか。ちゃんと伝わる、ググッと引き込むスケッチ・トーキング。

目次

1 話し上手には「イメージさせる」力がある(「怖い話」を上手に語れますか?;一生懸命しゃべっても伝わらないのは、なぜ? ほか)
2 イメージを共有するスケッチ・トーキング(アウトラインから話しはじめる―まずはキャンバスを用意してもらう;客観的事実を伝える―聞き手の感情で受けとめてもらえるから伝わりやすい ほか)
3 話す順番&聞き方にスケッチの“仕上がり”が表れる(起承転結は本当にわかりやすいのか?;瞬時に相手を引きつける「野球実況法」 ほか)
4 場面別「話がうまい!」と言われる方法(会議で―「説明上手でわかりやすい!」と言われるには;プレゼンで―どうしても企画を通したい時の必須事項 ほか)

著者紹介

麻生けんたろう[アソウケンタロウ]
ラジオDJ/パーソナルモチベーター。1967年東京生まれ。横浜育ち。東京電機大学工学部卒業後、オーディオメーカーに勤務。人見知りであがり症の営業マン時代を過ごすも、局アナをしている友人との出会いにより克服。アナウンサー養成学校に通う。その後、札幌転勤を機に独立を決意。北海道のテレビ、ラジオを中心に喋りの仕事を始める。近年はその経験を生かし、コミュニケーション力を伸ばす個別指導をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)