• ポイントキャンペーン

キツい人間関係をラクにしたいときに読む本―引っ込み思案の自己主張術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479793144
  • NDC分類 361.4

内容説明

「お気持ちはわかります」の一言を添えると、言いたいことが言える。「やれ!」ではなく「やってくれないか?」が相手を動かす。使われがちな地雷語「察してください」を踏まない。無理にほめずに、相手の存在や行動を“認知”する。「ダメだ」と批判せずに「このほうがいい」と指摘する。感情的に怒鳴るより、繰り返し言ったほうが人は納得できる―あなたが背負ったストレスが消える人間関係のルール。

目次

第1章 感情を伝えないと何も始まらない―ポイントは「誠実さ」と「率直さ」
第2章 だれとでもうまくいく引っ込み思案のつき合い方―ストレスを生まない人間関係をつくる方法
第3章 引っ込み思案だからこそできる自己主張―自分で決めず相手に選択させる
第4章 相手の感情を認めれば、キツい人ともうまくやれる―「承認」はお互いの心を開く
第5章 「クラスの人気者」は、どうして人気者だったのか?―話術よりもさり気ない気遣いが必要

著者紹介

杉本良明[スギモトヨシアキ]
コミュニケーション研究家。1959年、兵庫県出身。関西学院大学経済学部卒。専門はシステム設計と語学(英語・中国語)。家業のかたわら、コーチングのプロとして活動し、官庁・学校・病院・一般企業の研修講師を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)