• ポイントキャンペーン

斎藤一人―無から有を生み出す成功法則 実践版

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479792017
  • NDC分類 673.9

内容説明

一切お金がかからないうえに、誰でもできる“あること”をやったら、従業員が「ここで働くのがしあわせ」「お客さまを喜ばせるのが楽しい」といってくれるようになりました。それと同時に、ウチの店は連日連夜たくさんのお客さまでにぎわうようになったのです。商人、サラリーマン、主婦、学生、奇跡の成功法則。

目次

「居酒屋で“バナナ”」の不思議
“バナナ”の不思議、パート2
会話が弾む“謎のトイレ”
一挙“三得”がハッピー!
あっ!と驚く、レシピ公開
マネるが勝ち!
売りものは料理とお酒だけじゃない!―「しあわせと」と「元気」
ホタルは暗闇を利用して目立つ
氷点下一一・五度のハワイアン・カウボーイ
「儲け」と「楽しい」は正比例〔ほか〕

著者紹介

尾形幸弘[オガタサチヒロ]
元気と幸せの居酒屋「ごはんばー桜CHOPS」代表取締役。専門学校卒業後、とある企業に入社するも、自分の目標が見つけられず即退社。友達に誘われて、化粧品会社に。飛び込み営業も何のそので、売上げはたちまちトップに。すぐに部長まで上りつめる。が、「収入は増えても、気がつけば独りぼっち」の状態に気づいて、退職。いまさらバイトをする気にもなれず、仕方なく、兄が経営する居酒屋を「3日だけ」の条件付きで手伝うことにしたのが「天職」の始まり。2年半、兄の店で修業の後、「桜CHOPS」を出店。「もしも斎藤一人さんが居酒屋をやっていたら…」を軸足に、店づくり、人づくりを展開。売上げはたちまち4倍となり、2号店を出店(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)