だいわ文庫<br> 暦と日本人88の謎

個数:
電子版価格 ¥680
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
暦と日本人88の謎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 01時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479305187
  • NDC分類 449.81

内容説明

月の長さはなぜ違う?五節句にはどんな意味がある?陰陽師・安倍晴明と暦の関係は?そもそも誰が暦を作ったのか?日本にはいつ、どのようにして広まったのか?江戸時代に庶民が使っていたのはどんな暦?日本古来のしきたりの目的は?暦についての素朴な疑問から、暮らしに根差した年中行事の意味と目的まで、知るほどに深くて面白い、誰かに話したくなる暦の秘密!

目次

1 暦に関する素朴な疑問―カレンダーに書いてあることにはどんな意味があるのか?
2 暦はどうやって生まれたのか?―古代文明は1年の周期を発見して「時を切断」した!
3 日本の暦はどのように広まったのか?―朝廷が「時を授ける」時代から江戸時代の改暦まで
4 暦にまつわる人物の謎―歴史のなかで暦を使い暦法を改革した人々の群像
5 旧暦から新暦へ―明治改暦の真相
6 暦と年中行事の謎―正月から大晦日まで生活に根ざした旧暦の習わし

著者紹介

武田櫂太郎[タケダカイタロウ]
1956年宮城県生まれ。法政大学社会学部卒業後、新人物往来社入社。『歴史読本』ほか雑誌・単行本の編集者をへてフリーの歴史ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)