だいわ文庫<br> 乙女(ヒロイン)でたどる日本史

電子版価格 ¥680
  • 電書あり

だいわ文庫
乙女(ヒロイン)でたどる日本史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479305033
  • NDC分類 281
  • Cコード C0121

内容説明

日本は世界で初めての女王を生んだ国だった―卑弥呼が登場する古代には多くの女帝を輩出し、後宮を彩った平安期を経て、武士の時代は、尼将軍・北条政子や「悪女」日野富子にはじまり、戦乱期には多くの女武将や大名の賢妻が活躍。大奥の実力者・春日局や篤姫らが江戸の幕政を動かし、近代は女権運動や芸能などの分野で次々と偉人が登場。知られざる歴史の真実、日本史は女性でつくられていた!

目次

第1章 王族の女性がリードした創成期(弥生~奈良時代)(卑弥呼―太陽神信仰が生んだ日本の女王;神功皇后―朝鮮征討と国内平定をなした皇后 ほか)
第2章 華やかな後宮の全盛と衰退期(平安~鎌倉時代)(藤原乙牟漏―平安京造営のきっかけとなった皇后;藤原薬子―朝廷を揺さぶった「薬子の変」 ほか)
第3章 女がはじめ、女が終えた戦乱期(室町~戦国時代)(日野富子―戦国時代のきっかけとなった「悪女」;上杉謙信―「謙信女性説」を検証する ほか)
第4章 多彩な人材が活躍した江戸期(江戸時代)(将軍家の娘1 千姫―薄幸の中に生きた悲劇の姫君;将軍家の娘2 東福門院和子―皇后となった家康の孫は一流の文化人 ほか)
第5章 社会変革に揺れた近現代の激動期(明治~昭和時代)(元勲を支えた芸妓1 木戸松子―売れっ妓から参議の正妻へ;元勲を支えた芸妓2 陸奥亮子―鹿鳴館を彩った社交界の華 ほか)

著者等紹介

山名美和子[ヤマナミワコ]
作家。東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。東京・埼玉の公立学校教員を経る。第19回歴史文学賞入賞。日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ会報委員会委員、鳩山町文化財保護委員/町史編纂委員、朝日カルチャーセンター講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。