だいわ文庫<br> 社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

個数:
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月08日 01時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479304944
  • NDC分類 290.9

内容説明

学校からも仕事からも得られなかった、「全く違う視点からモノを見る」という貴重な経験は、自分の足で世界を歩くことによって獲得できた!豊かさとはなにか、自由とはなにか、希望とはなにか―。崩壊前のソ連など世界50ヵ国を歩き続けて、自分のアタマで考えたこと。世界はいま、どこに向かおうとしているのかを問う!

目次

お金から見える世界
異国で働く人々
人生観が変わる場所
共産主義国への旅
ビーチリゾートの旅
世界の美術館
古代遺跡の旅
恵まれすぎの南欧諸国
変貌するアジア
豊かであるという実感
旅をより楽しむために

著者紹介

ちきりん[チキリン]
関西出身。バブル最盛期に証券会社で働く。その後、米国の大学院留学を経て外資系企業に勤務。2010年に早期リタイヤし、現在は「楽しいことだけして暮らす」を実践中。2005年春から書き始めた社会派ブログ「Chikirinの日記」は、政治・経済から世代論、メディア問題まで、各種の話題を独自の視点と手法で分析、解説し、人気を博す。現在、月150万PV、毎日三万人のユニークユーザーが訪れる、日本で最も支持される個人ブログのひとつ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

豊かさとは何か、自由とは何か。世界50ヵ国以上を足で歩いて考えた。ベストセラー待望の文庫化!