だいわ文庫<br> 黒田官兵衛と軍師たちの「意外」な真実

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
黒田官兵衛と軍師たちの「意外」な真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 05時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 207p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784479304722
  • NDC分類 289.1

内容説明

秀吉の天下統一を支えたといわれる黒田官兵衛。戦国の世に名軍師として辣腕をふるい、「天下を狙っていた」という説もあるが、これらはすべて創作上での話。じつは史実の官兵衛は秀吉から遠ざけられ、天下を狙っていた事実もなく、そもそも「軍師」でもなかった…。官兵衛をはじめ戦国軍師たちの真実がわかる、本当の歴史を知ることができる1冊!

目次

第1章 じつは秀吉から遠ざけられていた(家康よりもよっぽど危険視されていた―隠居を願い出て主君の警戒を解く;もとは信長の指示で秀吉についただけ―家臣ではなく部外協力者として仕えた ほか)
第2章 全能な軍師というより優秀な君主だった(主君には謝れば済むが、家臣や領民は別と考えていた―家臣や領民のほうが強い立場にあった!;筋をとおす義理堅さも持っていた―主君を見定める力量が確かだった ほか)
第3章 名軍師も一番の悩みの種は人間関係だった(裏切ったことはないが、裏切られたことならある―吉川広家との「ギブ・アンド・テイク」;人生最大の痛恨事!友を信じて馬鹿を見た―あまりにも大きかった一年間の幽閉 ほか)
第4章 実際の戦国軍師像と官兵衛の戦歴(戦国時代には軍師という役職はなかった―それでも「軍師はいた」といえるワケ;軍師のイメージは江戸時代以降につくられた―モデルは三国志の諸葛亮 ほか)

著者紹介

熊谷充晃[クマガイミツアキ]
1970年、神奈川県出身。フリーライターとして編集プロダクションに在籍後、週刊誌の専属フリー編集記者に。歴史、芸能、社会時事ネタ、健康など幅広いジャンルで活動。現在、複数のペンネームで単行本を刊行しているほか、企業や団体の公式サイトなどでも執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)