だいわ文庫<br> 記憶力を磨く方法―脳の力の伸ばし方がよくわかる

個数:
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
記憶力を磨く方法―脳の力の伸ばし方がよくわかる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 11時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784479304203
  • NDC分類 141.34

内容説明

覚えるなんて、簡単だ―。脳の「クセ」を利用して、記憶をしっかり「定着」させれば、サクサク覚えて、忘れない。ちょっとした「刺激」と「コツ」を利用して、ぐんぐん記憶力を伸ばしていく方法。

目次

プロローグ 効率よく記憶するために脳のクセを知る(「このごろバカになってきた」という不安;人の脳は「忘れること」が得意 ほか)
第1章 脳を刺激すれば忘れない(脳を刺激しなかったら記憶力が衰える;毎日一〇万個の神経細胞が死んでいる ほか)
第2章 脳はこうして記憶する(記憶は脳の神経回路がつくっている;記憶の鍵を握るのはシナプス ほか)
第3章 脳を鍛える日常習慣(脳に「これは必要な情報だ」と思わせる;脳に刺激を与えるさまざまな方法 ほか)
第4章 試してみよう!記憶力をアップさせる方法(脳の潜在能力に個人差はない;「覚えたつもり」「面倒くさい」は記憶の大敵 ほか)

著者紹介

池谷裕二[イケガヤユウジ]
1970年静岡県生まれ。薬学博士。東京大学大学院薬学系研究科准教授。神経科学および薬理学を専門とし、海馬や大脳皮質の可塑性を研究

夏谷隆治[ナツヤリュウジ]
1949年、岩手県生まれ。サイエンスライター。武蔵大学人文学部卒。編集プロダクション(株)波乗社勤務を経てフリー。脳・宇宙・自然地誌・心理学・精神医学他のさまざまな分野において主に単行本の企画・執筆に携わる。文系・中高年・小中学生にも絶対わかるサイエンスを目指して活動中。ビジネス心理、メンタルヘルスをテーマに企業の従業員向け通信教育講座の企画・制作も(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)