完全独習 統計学入門

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

完全独習 統計学入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 04時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478820094
  • NDC分類 417

内容説明

超基本を理解するだけで、マーケティング調査のデータ分析、金融商品のリスクとリターン、株・為替相場のボラティリティ、選挙の出口調査までわかる。

目次

第1部 速習!標準偏差から検定・区間推定まで(度数分布表とヒストグラムで、データの特徴を浮き彫りにする;平均値とはやじろべえの支点である―平均値の役割と捉え方;データの散らばり具合を見積る統計量―分散と標準偏差;そのデータは「月並み」か「特殊」か?標準偏差(S.D.)で評価する ほか)
第2部 観測データから背後に広がる巨大な世界を推測する(「部分」によって「全体」を推論する―母集団と統計的推定;母集団のデータの散らばり具合を表す統計量―母分散と母標準偏差;複数データの平均値は、1個のデータより母平均に近くなる―標本平均の考え方;観測データが増えるほど、予言区間は狭くなる―正規母集団の便利グッズ、標本平均 ほか)

著者紹介

小島寛之[コジマヒロユキ]
帝京大学経済学部助教授。数学エッセイスト。専攻は数理経済学。1958年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒。同大学院経済学研究科博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件