ソースネクスト「特打」マーケティング―「非常識」を「常識」に変えた販売戦略とマーケティング革命

個数:

ソースネクスト「特打」マーケティング―「非常識」を「常識」に変えた販売戦略とマーケティング革命

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478580141
  • NDC分類 675

内容説明

なぜ設立7年でマイクロソフトを追い越せたのか!新たなマーケット創造のためにベンチャー企業がしかけたマーケティング革命の全貌。

目次

プロローグ 成熟市場のマーケティングの原型がここにある
第1章 日用品化戦略 パソコンの恩恵を多くの人に知ってもらう
第2章 プロダクト革新戦略 誰でも使えるパソコンソフトにするために
第3章 プレイス戦略 販売チャネルの拡大でコモディティ化を推進
第4章 プライス戦略 なぜ「1980円」が可能になったのか
第5章 プロモーション戦略 「話題を作る」から店頭へと戦略をシフト
第6章 スリムパッケージ戦略 売りやすさ、買いやすさを追求
第7章 顧客戦略 ユーザーの不安をいかに解消するか
第8章 市場革命 ソフトが変わればパソコン市場も変わる
エピローグ 六本木ヒルズ、もうひとりの革命児

著者紹介

平林千春[ヒラバヤシチハル]
1947年長野県生まれ。法政大学社会学部中退後、雑誌編集長、フリージャーナリストを経て、1978年コミュニケーション・システム研究所を設立。代表取締役に就任。2005年4月より東北芸術工科大学デザイン工学部教授を兼務。数多くの商品開発、ブランド政策、市場開拓などのプロジェクトをコーディネート。また、マーケティング研究者としてヒット商品やロングセラー商品の研究、企業戦略の事例をマーケティングドキュメントとして発表。日本ビジネス作家協会理事長、ソーシャルマーケティング推進協議会副代表なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)