ゲノム敗北―知財立国日本が危ない!

電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ゲノム敗北―知財立国日本が危ない!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478240977
  • NDC分類 407
  • Cコード C0036

内容説明

「人類が手にしたもっとも重要な地図」―ヒトゲノム解読の完了に、米国大統領は最大の賛辞を贈った。しかし、国際チームで取り組んだはずの、このプロジェクトにおける日本の貢献は、わずか6パーセントにとどまった。その背景には、類まれな先見性と独創性を持つ異能たちを潰し続けた、日本の特異なシステムがあった。「日本人に独創性がないのではなく、日本という国に独創性の芽を摘んでしまう風土がある」魂の叫びにも似たこの悔恨こそ、知財立国を標榜する日本への痛烈な警告である。

目次

プロローグ 国際ヒトゲノム計画成功の陰に
第1部 痛恨
第2部 負の構造
第3部 胎動
第4部 教訓
エピローグ 偉大なる奇人、変人、和田昭允の遺産

著者等紹介

岸宣仁[キシノブヒト]
経済ジャーナリスト。財政・金融、知的財産権、また、研究開発やモノづくりと産業競争力をテーマに執筆活動を続けている。1949年生まれ。東京外国語大学卒業後、読売新聞社に入社。横浜支局を経て経済部に勤務し、大蔵省、通産省、農水省、経済企画庁、日本銀行、重工クラブなどを担当。91年に独立し現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。