大人の「ちょうどいい」話し方―感じがいい、信頼できる

個数:
電子版価格
¥1,386
  • 電書あり

大人の「ちょうどいい」話し方―感じがいい、信頼できる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月17日 20時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478118856
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0030

出版社内容情報

歴30年、フジテレビアナウンストレーニング講座の講師として後進指導に励む著者による大人にふさわしい「ちょうどいい話し方」

内容説明

アナウンサー歴30年、でも本当は「人前で話すのがずっと苦手」だった著者の自分と相手が調和する話し方。7つの基本で話し上手に!

目次

第1章 ちょうどいい会話の7つの基本(大事なのはテクニックより感情のやり取り;「お互いの価値を増やすため」を目的にしよう ほか)
第2章 ちょうどいい会話のコツ(スキルよりも大切なのは「伝えたい気持ち」;初対面の人との出会いを楽しめる3つの習慣 ほか)
第3章 人前でちょうどよく話すコツ(自分の意見をちょうどよく伝えれば、人の心を動かせる;「人前で話す時」は、「これだけメッセージ」を決めよう ほか)
第4章 ちょうどいい話し方は「声」でさらによくなる(声の使い方で、人生はガラッと変わる;どんな声質でも響く声で話せる ほか)

著者等紹介

松尾紀子[マツオノリコ]
元フジテレビアナウンサー。自分を表現することにずっと苦手意識があり、幼少期は極度の緊張で話せず泣いてばかり。小学校の学芸会ではセリフのある役につけなかったほどだったが、「広い世界を自分の目で見たい」という思いから、1983年慶應義塾大学文学部卒業後、フジテレビに入社。現在は、淑徳大学人文学部表現学科専任講師として「放送スピーチ論」、明治大学情報コミュニケーション学部と経営学部で「キャリア形成論」の授業を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。