「空いた実家」は、そのまま貸しなさい―年間100万円の家賃が入ってくる最強の「実家再生」投資

個数:
電子版価格
¥1,386
  • 電書あり

「空いた実家」は、そのまま貸しなさい―年間100万円の家賃が入ってくる最強の「実家再生」投資

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2024年06月16日 05時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478118429
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0033

出版社内容情報

世の中は実家の整理がブームですが、それだけで終わらせるのはもったいなさすぎます。
古くなってしまった実家は、お荷物のように思われることも多いのですが、実は「実家」は金を生み出す宝物なのです。
資産運用をやらなきゃならないと思って、株やFXやワンルーム投資に下手に手を出すよりも、まずは最も手堅い投資をやるべき・・・、それがあなたの「実家」なのです。実家は捨ててきた過去ではなく今でも貴方の役に立つ最強の投資ツール。
実家を片付けたら、「実家」で不動産投資ができないか、検討するのが大事なのです。                                              著者は、サラリーマン経験後、不動産ビジネスで独立起業。自らが保有する不動産の運営、セミナー活動等に従事する傍ら、自らの実家投資の実践、セミナー受講者等へのアドバイスを実施。自身で61万円の投資で年間90万の収益を挙げられるようになった経験をもとに、多くの方にアドバイス。「投資額100万円で年間240万」「投資額50万円で年間180万円」など、成果を出した人が数多く出ています。

そもそも昭和戸建は平成マンション以上の価値があります。なぜなら、戸建賃貸は圧倒的に少ないのが現状。戸建でしか得られない快適性、独立性がありますし、築古はだいたい「割安、広々、好立地」という魅力があります。実家を放置してしまうと、固定資産税の支払い義務はバカにならないですし、「火災、倒壊、不審者占拠、近隣苦情」など問題だらけです。気の重い実家片付けも効率的な3ステップ(1、片付けの決意とマインドセット2、片付け業者の選定、3、リフォームよりも徹底したクリーニング)をすすめれば問題ありません。
本書では、「効率的な実家の片づけ」から始まり、「不動産としての実家の価値の見積もり」「不動産としての価値を高める魅力的なリフォーム」「効率的な不動産運用」など、経験したものだから語れるポイントが書かれた「実家再生不動産投資」の教科書です。

内容説明

古くても、地方でも大丈夫!貸せます!!昭和の実家はすごく儲かる!!リフォームよりも徹底したクリーニング。間違えないための不動産会社、管理会社、片付け業者の選び方。そのまま貸すための6つのステップとポイント。

目次

第1章 なぜ実家で悩んだり不安を感じたりするのか?
第2章 知られざる空き家の実態とリスク
第3章 「貸すか売るか自分で使うか」、判断の分かれ目はどこ?
第4章 なぜ「そのまま貸す」ことが、お勧めなのか?
第5章 最初の一歩は費用をかけずに片付けることから
第6章 入居者の募集から契約までこうすれば大丈夫
第7章 入居者が決まった後、大家としてやることはこれだけ
第8章 「実家を片付けて貸し出す」ことが、不動産投資の入り口になる

著者等紹介

吉原泰典[ヨシハラヤスノリ]
不動産投資家・空き家再生コンサルタント。1988年同志社大学卒、日本電信電話株式会社(当時)入社。その後、NTT西日本において営業部長としてフレッツ光回線の普及に尽力したほか、労組本部役員としてIT情報通信政策に深く関わった。29年間勤務した後、51歳で同社を退職し独立起業。NTT時代に培った多岐にわたる知見を活かし、ビジネスオーナーとして活動中。不動産投資家としては、リーマンショック前に海外不動産投資からスタート。その後、国内不動産に活動のベースを移し、現在は首都圏を中心に数多くの新築、中古の一棟マンション等を保有。不動産投資のセミナー講師としても人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tetsubun1000mg

12
「空いた実家」を解体するか、売却できないだろうかと悩んでいたので参考になるかな?と読んでみた。 筆者も自分の岡山市内の実家をどうしようかと悩んだことを実例として紹介しているので大変説得力がある。 建築許可の問題にちょっと光が差し始めた感じ。 最低限の補修をして、使わない荷物処分と室内清掃業者へ依頼。 あとは地元の不動産屋数社に見積依頼をする。 5,60年物の駐車場付きで手頃な家賃の一軒家は手堅い需要があるという。 1LDKのマンションでもそこそこの家賃だしね。2024/05/18

shin_ash

4
空いた実家を相続することになりそうなので読んでみた。貸すまでのプロセスとポイントが解説してあり、何をどうすれば良いかのイメージを持ちやすくなった。コロナを機に空き家状態になったので、今から手を打てばなんとかなる様な気がして来た。モノの整理が最大のネックだったが遺品整理業者と言うのがあるらしく、それならば何とかなるような気がして来た。遠隔地なので、プロセスを計画に落とす必要があるが、できそうな気になるのが大事である。本書によると似た立場の人は少なくない模様。実家が空き家はこれから身近に聞く問題なるのだろう。2024/05/02

ゼロ投資大学

2
空いた実家をきれいに片づけてそのまま貸すことを推奨している。両親などから相続した家は利用法に悩むことも多い。現在居住している地域から離れていたら、自分で利用することもできないし、管理も大変だ。思い切って貸すことを検討すると新たな道が開ける。実家の家財を整理して、ハウスクリーニングをお願いするだけで、思った以上に借りたい人は見つかるものだ。戸建需要は想像以上に多いので、まずは試してみるとよいだろう。2024/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21725681
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。