個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

もし私が人生をやり直せたら

  • ウェブストア専用在庫が2冊ございます。(2024年07月21日 00時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478117811
  • NDC分類 929.14
  • Cコード C0030

出版社内容情報

 韓国で30万部突破のベストセラー! 43歳でパーキンソン病に侵された精神科医は、人生に何を見出したのか? 限りある時間とどう向き合うか。あなたの人生を変える43のヒント

 本書は、2015年に韓国で出版された『私が今日を生きるのが面白い理由』が販売部数10万部を超えたのを記念して発行された改訂版である。

著者は精神科医のキム・ヘナム氏。43歳でパーキンソン病と診断され、生きる気力を失ったが、自分の病気と向き合いながら、医師として学びを深め、また、1人の人間として思索を深めていく。

本書がユニークなのは、著者が、人の悩みや生き方に寄り添う精神分析専門医であると同時に、自らがパーキンソン病という難病の患者であることだ。

 この2つの立場を通じて深めた思考が、決して暗くなることなく、むしろ明るく前向きに表されている点が本書の大きな特色である。 困難を抱えても前向きに生きようと思わせてくれ、読者に勇気と希望を与えてくれる。

内容説明

韓国で35万部突破!「何度も泣きました」感動の声、続々!「人生の残り時間」を後悔なく生きる43のヒント。パーキンソン病の精神科医が見つけた「人生の意味」とは?

目次

1 30年間、精神分析専門医として働いてわかったこと(人生は、いつ、どこからでも変えられる;どんなに準備しても、「完璧な時」は決して来ない ほか)
2 患者たちに言えなかった、今だからこそ話したいこと(健全な大人にふさわしい「10の条件」とは?;患者たちが一番声に出したいこと ほか)
3 パーキンソン病の私が、楽しく生きている理由(22年かけて、パーキンソン病が私に教えてくれたこと;もっと幸せになれるのに、ブレーキをかけていたのは私だった ほか)
4 40歳で知っておきたかったこと(友人や肉親の死に対し、私たちができる「たった1つのこと」;40代の罠―自分の生き方を再点検しよう ほか)
5 もし私が人生をやり直せたら(何度だって失敗して、それを喜びたい;老いることを恐れず、楽しみたい ほか)

著者等紹介

キムヘナム[キムヘナム]
精神分析専門医。1959年、韓国ソウル市生まれ。高麗大学校医科大学を卒業し、国立精神病院(現国立精神健康センター)で12年にわたり精神分析の専門医として勤務。慶煕大学校医科大学、成均館大学校医科大学、仁済大学校医科大学、ソウル大学校医科大学でも教壇に立ったのち、キム・ヘナム神経精神科医院を開業し患者の治療にあたる。開院して1年にも満たない頃、40代前半でパーキンソン病を発症。死を願うほど絶望する日々を過ごすも、「大切な今を台無しにしてはいけない」と気持ちを切り替える。パーキンソン病と闘う精神科医として活躍し、現在は治療に専念している

岡崎暢子[オカザキノブコ]
韓日翻訳・編集者。1973年生まれ。出版社はじめ各種メディアで韓日翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hamo K

7
ライトな自己啓発本。ただ、30代は一刻も早く読んでおいた方が良い本。40代になった時に感じる老いに対する絶望と仕事や家庭の忙しさが重なって精神的に追い詰められる未来への準備と心構えができる。日々気力が湧かない、生きてるけど心は死んでる、自分に自信がない、といった人も読むと良い。人間そういう気持ちを抱いて停滞することは往々にしてあると理解した上で、気持ちの切り替え方、前向きな人生の生き方を見出すヒントが書かれている。2024/05/30

ナウラガー_2012

3
ある研究では、心配事の4%は自分の力では解決できないようなこと、残りの40%はただの取り越し苦労、30%はすでに起きた出来事に関すること、22%はごくごく些細な悩みごとだと言っています。つまり、大切な時間とエネルギーを、考える必要のない96%のことに吸い取られて、今日を楽しめずにいる2024/05/04

su-to

2
著者がパーキンソン病を患いながらも前を向いて生きていく姿は力強く、人生は自分自身の思考・行動次第でより良くなっていくと感じた。 どんな状況でも強く生きていくヒントが書かれている一冊。2024/04/18

チバ

1
久しぶりに韓国の方の本を読んで改めて日本との世界観の類似性に驚いた。更に姑問題の過酷さは日本以上と見え、今はそれは緩和されていると良いなと思った。どのような選択をするにしても私達は悩み躊躇い前に進まないでいる事が多い。しかしそれを選んでも選ばなかったとしても等しく時は流れるのだという事を改めて思い知った。とりあえず進んでみて失敗したらその分だけ経験が得られるのだという事を再認識した。字がぎっしり詰まっていて良心的な値段。ダイヤモンド社好感度高いな。2024/07/02

おやつ

0
人生は贈り物2024/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21832356
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。