私の居場所が見つからない。

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

私の居場所が見つからない。

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 22時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478115268
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

最近、若者の間で「承認欲求」に悩む人が増えているという。

SNS世代ゆえに、他人の目線を常に意識して生きている。

その「生きづらさ」に疲れてしまうのだという。



著者の川代紗生さんは、SNS世代のど真ん中。

書店スタッフとして働きながら、その書店のブログにコンプレックスや承認欲求を吐き出すように(でもユーモアも交えて)書きまくったところ、多くの共感の声が集まり、バズりまくった。

これまでに10万PV以上を記録した記事は10本以上ある。



強い感受性ゆえに、悩み、傷つき、成長していく姿に読者は感動を覚える。

韓国エッセイに通じるテイストがあるが、彼女の筆力ははるかにそれらを超えている。



「川代ノート」の人気記事をベースに、現代の若者が抱える「承認欲求」や「コンプレックス」「生きづらさ」、そして、そこからの脱出を描く自己啓発書。

内容説明

私は必要とされていない気がした。社会に求められていないような気がした。ただ、認めてほしかった。…SNS時代の「生きづらさ」を吐き出すカリスマブロガー、鮮烈なるデビュー作!

目次

プロローグ もしもいま自分が死んだら、何人の人が自分のために泣いてくれるだろうか
第1章 「華がない人間」でも努力すれば「華がある人間」になれるのか?(右手薬指に指輪をしてしまう系女子;ガールズバーでおじさんに見下され続けた一年半のこと ほか)
第2章 私たちはいつになったら石原さとみになれるのか問題(男がよく聞く「お前自分のことかわいいと思ってるだろ?」という質問に、正直に答えよう;セックス経験を男の前では少なく、女の前では多く言ってしまうのはなぜなのか? ほか)
第3章 残念ながら「正しい人生マニュアル」なんてものはどこにも存在しなかった(悩みがなく気楽にシンプルに生きるのが幸せであるという風潮について;親にまったく反抗したことのない私が、二十二歳で反抗期になって学んだこと ほか)
第4章 承認欲求のお葬式(一センチのほくろ;少し前までは、承認欲求なんかない方がいいもんだと思い込んでいた ほか)
エピローグ 生きるのが楽しみじゃない日には

著者等紹介

川代紗生[カワシロサキ]
1992年、東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。「福岡天狼院」店長時代にレシピを考案。現在はフリーランスライターとしても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しょうご

8
天狼院書店のウェブサイトに掲載されていた「川代ノート」を加筆修正されたものです。 中心のテーマとして据えられているのが「承認欲求」です。 川代さんと同じくゆとり世代と言われる立場なのでこの感情は痛いほどわかります。 ものによりですがSNSが好きなのもそうですし、反応が気になることもあります。 自身の内面を見つめて、えぐるかのように書かれている印象を受けました。 重くのしかかるように感じる方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、最後はポジティブに抜けているので読後感は爽やかで良かったです。2022/03/06

江藤はるは

3
♻️2022/02/05

しゅんぺい(笑)

2
父親への感情の変化を描いてるところ、とてもダイナミックで読み応えがあった。まさに身を切るような文章。ただタイトルのつけかたがなあ、ちょっとピンとこーへんというか。後半部分にこのひとの書きたいことが詰まってたような気がする。2022/06/24

ゆうと

1
ブログに掲載されていたエッセイの書籍化。ここまで自分のことについて書くことができるのは、すごいと思う。深く考えて、掘り下げて…。大人になると考えなくなるような、でも時に悩むような。誰にでも思い当たる悩みが、文章化されていて、きっと頷いてしまうはず。承認欲求との向き合い方…とも違うけど、扱い方というか、その方法の1つとして、とても指針になる。2022/06/02

アヒノ

1
「承認欲求」と向き合う中で筆者の葛藤を綴っている内容。序盤はあー、わかる。と思って読めたけど、中盤位から自分には結構重くてなかなか進められなかった。最終的には前向きに進んでいく形で終わるけど、マイナスな感情が全体の7割以上占めてる内容は読んでてどっと疲れてしまいました。2022/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19147321

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。