投資をしながら自由に生きる

電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

投資をしながら自由に生きる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478114735
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0030

出版社内容情報

突如、コロナ禍に見舞われ、人生、何が起こるかわからないことを痛切に感じさせられた。会社だっていつ何時、潰れてしまうかもわからない。健康上の理由で、仕事が続けられなくなってしまう可能性だってある。公的年金の支給開始年齢は、どんどん後退しており、死ぬ間際まで受け取れないような勢いだ……。「老後2000万円問題」も取り沙汰されたが、もはや自分の身や家族の身を守るには、仕事とは別に、投資によって自力でお金を増やしていくことが欠かせない時代となっている。



だからこそ、いま経済的自立を果たして早期リタイアする「FIRE」(Financial Independence

内容説明

入社4年でFIREを果たした著者が教える「お金と時間の自由」を最速で得る方法!

目次

PROLOGUE そうだ、会社を辞めよう!
0 「お金と時間の自由」を手に入れる
1 「お金と時間の自由」を実現した7つのステップ
2 会社員は大きな損をしている
3 「お金と時間の自由」に投資は欠かせない
4 使えば使うほど増えるようにお金を使う
5 「お金と時間の自由」を得る4つのステップ
6 「お金と時間の自由」を得る仕事の見極め方
EPILOGUE 知られざるFIRE後のリアル

著者等紹介

遠藤洋[エンドウヒロシ]
投資家・自由人。1987年埼玉県生まれ。東京理科大学理工学部電気電子情報工学科在学中の夏休み、家庭教師のアルバイトで貯めたお金を元手に知識ゼロの状態から投資をはじめる。大学卒業後、ベンチャー企業に入社し、新規事業の企画・広告・採用等を経験。その約4年後、26歳のときに投資で得た資金を元手に独立。その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医師、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1600人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。現在は投資をしながら1年のうち半分は国内外を旅して自由を謳歌しつつ、次世代を担う投資家や事業の育成に力を入れている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ray

0
☆3 ×配当金狙い。すでに成熟しきった大企業。配当を出すのは先行投資する成長事業がないから。2022/03/26

kito7792

0
投資の勉強に入る前に読んでとてもためになったし、面白かった。FIREをするのが夢なのでこれからどんどん学んでいきたい2022/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19146185

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。