超圧縮 地球生物全史

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

超圧縮 地球生物全史

  • ウェブストア専用在庫が2冊ございます。(2024年04月24日 11時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 379p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478114278
  • NDC分類 460
  • Cコード C0045

出版社内容情報



ヘンリー・ジー[ヘンリー ジー]
著・文・その他

竹内 薫[タケウチ カオル]
翻訳

内容説明

本書に描かれるのは、あなたが今まで見たこともないような私たちの惑星の本当の姿、生命38億年の物語。誕生したばかりの地球はどのような様子だったのか?ミネラルを豊富に含んだ水から誕生した生命は、過酷な環境の中でどのように生き延びてきたのか?多くの生物の絶滅と進化のドラマ、そして、この惑星を支配している私たちホモ・サピエンスはどのような生物であり、地球という惑星にはどのような未来と終末が待ち受けているのか?

目次

炎と氷の歌
生物、大集合
背骨のはじまり
渚に打ち上げられて
羊膜類あらわる
トライアシック・パーク
空飛ぶ恐竜
素晴らしきほ乳類たち
猿の惑星
世界を股にかける
先史時代の終わり
未来の歴史
エピローグ

著者等紹介

ジー,ヘンリー[ジー,ヘンリー] [Gee,Henry]
「ネイチャー」シニアエディター。元カリフォルニア大学指導教授。1962年ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学にて博士号取得。専門は古生物学および進化生物学。1987年より科学雑誌「ネイチャー」の編集に参加し、現在は生物学シニアエディター。ただし、仕事のスタイルは監督というより参加者の立場に近く、羽毛恐竜や最初期の魚類など多数の古生物学的発見に貢献している。テレビやラジオなどに専門家として登場、BBC World Science Serviceという番組も制作

竹内薫[タケウチカオル]
1960年東京生まれ。理学博士、サイエンス作家。東京大学教養学部、理学部卒業、マギル大学大学院博士課程修了。小説、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamatoshiuruhashi

55
地球誕生から約8億年後の未来までの予測の上で「生命」の変遷の歴史を語り、終章では我々人類がどのようになっていくか、「生命」がどのようになっていくかを予測する。本文わずか285頁の中にそれが語られるのであるからまさに超圧縮である。ホモサピエンスは240頁を過ぎて漸く現れる。現生人類も必ず「絶滅の負債」を払わねばならない。人類の人口は今世紀末にピークを迎え減少へと転じる。2100年には現在の人口を下回るだろうという予測。しかし、最後の一文は、「絶望してはいけない。地球は存在し、生命はまだ生きている」2022/09/25

mikarin

29
太陽が生まれた瞬間から遠い未来まで超圧縮。5度の大量絶滅。2度のスノーボールアース。エディアカラ生物群。カンブリア爆発。超大陸ロディニア。超大陸パンゲア。これって今の常識?生物の授業で習うこと?こういう大きな時間の流れを追いかけているとホモ属の中のサピエンスの中の今のちっぽけな自分について一瞬で過ぎ去ってしまう取るに足らないものだと思えてしまって辛くなるけどちゃんとその辺も最後にケアしてくれてます。いつか必ず絶滅するとしても今出来ることをやればいいんだと思えた。今から本気で頑張れば温暖化も止められるかも。2024/03/19

haruka

28
地球の進化と絶滅の歴史をタイムマシンで駆け抜けるような一冊。遥か昔、名もない星の超新星爆発の欠片から太陽が生まれるくだりから始まるスケールの大きさ。近未来、ビッグファイブに続く第6の絶滅は必ず起こる。著者はこれを1番書きたかったのだと思う。人間は生態系の殺戮者。でもほんの一瞬のちっぽけな存在でしかなく「知恵を絞ってきっと生き残れる」なんて幻想だと。「絶滅の負債」を返済して、今後数千年の間にサピエンスは消滅するのだという。人間が極悪の限りを尽くしてきたとしても、生態系に因果応報なんてないと思うのだが...2022/12/23

ta_chanko

23
地球生物全史という壮大なスケールから見た我々人類(ホモ=サピエンス)は今、束の間の繁栄を享受しているに過ぎない。10万年ごとに訪れる寒波や周期的に繰り返される氷河期、あるいは破局噴火による急激な寒冷化に、現代文明は対応できるのだろうか。温暖化がすすんで極地方の氷が溶け、大量の淡水が海に流れ込めば、深層海流が止まって熱の循環が停止し、氷河期が早く到来する危険性もある。我々は何種類も存在した人類の中で、最後に生き残った一種。できるだけ絶滅しないように、地球環境に適応して生きていく他ない。2022/11/13

美東

20
「全史」と銘打っているが、主に動物界の、それも脊椎動物の話題に偏っているような気がした。仕方ないことかもしれないが、ちょっと期待外れでした。2023/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19923559
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。