絶対内定〈2023〉自己分析とキャリアデザインの描き方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 568p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478113295
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C0030

出版社内容情報

大学生協13年連続売上第1位のベストセラー自己分析本。就活に初めて自己分析の概念を取り入れた、「後悔しない・失敗しない就活本」のバイブル。94のワークシートでやりたいことが明確になる。人気・難関企業への多数の採用実績をもとに、「何をすれば内定するのか」を具体的に提示。読むだけでやる気が出てくる1冊!

内容説明

後悔しないキャリアと人生のために何を考え、どう動けばいいのかがわかる。大学、キャリアセンター、卒業生からも支持されている「就活本」ロングセラーの決定版!

目次

「絶対内定」するために知っておきたいこと
就職活動を始める前に「夢」を描こう
なぜ「就職する」のか。「働く」とは何か
どうすれば「絶対内定」できるのか
「選ばせる」ため、「結果を出す」ための条件
就職活動で勝つためにすべき、たった4つのこと
採用・内定に必要な「できる人」になる方法
ワークシートでキャリアデザイン、自己分析をする
実際にワークシートを書いてみよう
ワークシートをより効果的に進める方法
人生を後悔せずに生きるために

著者等紹介

杉村太郎[スギムラタロウ]
(株)ジャパンビジネスラボ創業者、我究館、プレゼンス創業者・元会長。1963年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部管理工学科卒。米国ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(MPA)。87年、住友商事入社。損害保険会社に転職し、経営戦略と人材育成・採用を担当。90年、シャインズを結成し、『私の彼はサラリーマン』でCDデビュー。92年、(株)ジャパンビジネスラボ及び「我究館」を設立。就職活動に初めて“キャリアデザイン”の概念を導入し、独自の人材育成「我究(がきゅう)」を展開。94年『絶対内定95』を上梓。97年、我究館社会人校を開校。2001年、TOEIC/TOEFL/英会話/中国語コーチングスクール「プレゼンス」を設立。08年にハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員に就任、日米の雇用・教育問題と政策について研究。11年8月急逝

藤本健司[フジモトケンジ]
我究館館長。千葉大学教育学部卒業後、(株)毎日コムネット入社。営業に配属され、2年目に優秀社員賞、3年目に社長賞を受賞。2012年「世界の教育問題に対峙したい」との思いから、青年海外協力隊としてケニア共和国で活動。3年間、JICAや現地の省庁と連携し、児童福祉施設における情操教育やカウンセリングに携わり、「人は志や気づきによって大きな成長を遂げられる」ことを実感する。2016年より(株)ジャパンビジネスラボに参画。我究館学生校の主担当コーチとして大学生をサポート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hiro

15
就職活動をどのように考えればよいかということについて、大変勉強になった。また人生についても見直す良いタイミングになった。2022/04/28

Polka Dots And Moonbeams

4
この手の本の中ではベストセラーということで興味本位に斜め読みしてみる。自己啓発的な要素が多数、しかし就活のプロの目線もちょっとありなんとも絶妙なライン2021/11/24

mizk

3
◯自分の人生のコアになるものを見つける◯7章までは熱い言葉で啓発◯とにかく8章のワークシートを20回ぐらいは繰り返し行ってみること2021/10/24

Gabii

3
スタートは半信半疑な気持ちでも何でも良い。とりあえず読み進めることって大事なのね2021/10/12

雑魚

1
難関、超難関に受かった高学歴の方々がその第一志望の会社に入った後具体的にどうなったのか気になりました。2022/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17793790

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。