富裕層のためのヘッジファンド投資入門

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり

富裕層のためのヘッジファンド投資入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月22日 05時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 333p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478113165
  • NDC分類 338.15
  • Cコード C0034

出版社内容情報

年間利回りが二ケタで、それを5年も10年も続けている長期・高利回りの投資信託は海外では珍しいものではない。日本の大手証券会社は、系列に投資信託運用会社を擁するため、こうした投資信託を取り扱わないし、個人がそうした海外の投資信託を探して購入するのはハードルが高い。また、運用実績の高い海外の投資信託は、マネーロンダリングなどの問題もあり、顧客の選別を厳しく行っている。

 そうした閉鎖的な投資信託の世界に風穴を開けようというのが、ヘッジファンドダイレクト社。「金融資産1億円以上の富裕層が1000万円から購入できる海外投資信託」をうたい文句に、個人投資家向けの投資助言会社として投資助言契約額累計937億を誇り、業界最大手の座にある。この実績をベースに誕生したのが、「富裕層限定の高利回り海外ファンド購入ガイド」という異色の財テク本である本書。

 資産運用に悩む富裕層が待ち望んでいた、富裕層限定の高利回り海外ファンド購入ガイドの決定版が登場!

内容説明

賢い投資家は、我先にヘッジファンドを買っていた!過去20年間のデータで判明!最も「低リスク・高リターン」なのはヘッジファンドだった。

目次

第1章 なぜ富裕層はヘッジファンドに殺到するのか?(投資のあり方を見直すべきときがやってきた;投資の一般論はもうやめて、現実を見よう ほか)
第2章 ヘッジファンドの正しい買い方と、リスクと仕組み(日本の個人投資家がヘッジファンドを買う三つの方法;年利回り10%以上を実現するヘッジファンドの仕組み ほか)
第3章 検証 ヘッジファンド以外の投資商品との比較(新興国債券の高利回りには要注意;大手証券会社のファンドラップサービスの運用実績は芳しくない ほか)
第4章 2000万円から買える年利回り10%以上の厳選ヘッジファンド(平均利回り18%超!世界トップクラスのグローバル・マクロ・ヘッジファンドA(グローバル・マクロ戦略型)
リスクを抑えて平均リターン13%超、債券ヘッジファンドB(債券レラティブ・バリュー戦略型) ほか)
第5章 誌上相談会 3人の富裕層の具体的なヘッジファンド活用事例(ヘッジファンドで資産運用を始めるまでの五つのステップ;相談事例1 投資初心者の医師・田中さん(40代) 仕組債と新興国債券で大損失、ヘッジファンドで挽回を目指す ほか)

著者等紹介

〓岡壮一郎[タカオカソウイチロウ]
ヘッジファンドダイレクト株式会社代表取締役社長。三井物産株式会社勤務を経てヘッジファンドダイレクト株式会社を創業、同社を業界第1位に成長させた。同社を含むフィンテック企業グループの創業者として米国・欧州・アジアで事業を展開している。東京大学卒、スタンフォード大学経営大学院エグゼクティブプログラム修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mazda

14
世界で販売されているファンドのうち、日本で販売されているのはわずか5%です。なぜこんなことになっているのかというと、銀行や証券会社にとって「黒船」商品を売ると、既存の商品が売れなくなってしまうからです。そこに顧客目線は全くないと思っていいでしょう。ヘッジファンドというと何やら怪しい気もしますが、むしろ逆で、怪しい客をとらないというのが正しいかも知れません。本書の場合最低投資額2000万円から、と書かれているように、まとまったお金を持っている人しか相手にしないので、受ける側も本気なのだと思います。2021/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17486690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。