どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?―古い「仕事のやり方」を変える30の方法

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?―古い「仕事のやり方」を変える30の方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 02時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478111529
  • NDC分類 336
  • Cコード C0000

出版社内容情報

もう、あんな「非合理的」な働き方に戻ってはいけない!ベストセラー著者が贈る、コロナ以後の「新しい働き方」の教科書

内容説明

「ハンコを押すためだけに出社とか、絶対おかしいよ…」と思った全ての人へ。企業も個人も、「新しい働き方」に対応するための秘訣を新旧の働き方を比較しながら解説。

目次

どうして、あんなに「対面」にこだわっていたんだろう?
どうして、あんなに「会議」ばかりやっていたんだろう?
どうして、あんなに「ハンコ」にこだわっていたんだろう?
どうして、あんなに「紙」で仕事をしていたんだろう?
どうして、「スーツが常識」だったんだろう?
どうして、「ワード」「エクセル」「パワポ」に縛られていたんだろう?
どうして、仕事でSNSを普通に使えなかったんだろう?
どうして、あんなに「会社飲み」があったんだろう?
どうして、「お客様は神様」だと思っていたんだろう?
どうして、あんなに「空気」ばかり読んでいたんだろう?
どうして、男女でパフォーマンスに差があると思っていたんだろう?
どうして、「転勤命令」に従っていたんだろう?
どうして、あんなに仕事を「時間」で考えていたんだろう?
どうして、給料を「残業代ありき」で考えていたんだろう?
どうして、あんなに「ノリ」で仕事をしていたんだろう?
どうして、「OJTという名の放置プレイ」がまかり通っていたんだろう?
どうして、あんなに「仕事と生活」を切り離していたんだろう?
どうして、「仕事の意味」も考えずに働けていたんだろう?
どうして、「我が社のルール」にこだわっていたんだろう?
どうして、「若い頃は下積み」が当然と思われていたんだろう?
どうして、「先輩」というだけでエラそうにできていたんだろう?
どうして、「若手」だから会社を変えられないと思っていたんだろう?
どうして、「学び続けずに仕事だけしていればOK」だったんだろう?
どうして、自分の「キャリア」を真剣に考えなかったんだろう?
どうして、あんなに「転職」を怖がっていたんだろう?
どうして、1つの会社でしか働けないと思い込んでいたんだろう?
どうして、「リーダーシップなんて自分には関係ない」と思っていたんだろう?
どうして、「やる気」は本人の問題とされていたんだろう?
どうして、「社長や役員は特別な存在」だと思っていたんだろう?
どうして、「トップの考え」も知らずに働けたんだろう?

著者等紹介

河野英太郎[コウノエイタロウ]
(株)アイデミー執行役員。(株)Eight Arrows代表取締役。グロービス経営大学院客員准教授。1973年岐阜県生まれ。電通、アクセンチュア等を経て日本IBMに15年勤務。金融・IT・製造・通信・教育業における人事制度改革やコミュニケーション改革、研修開発・実施、人材育成、組織行動改革などを推進(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

37
コロナを機に今までの仕事にやり方を疑問を感じるようになった人たちへ、古い仕事のやり方"を変える30の方法をまとめた一冊。これまでからこれから、そしてどのように(how to)と、どちらかというと具体的な実践方法よりは考え方をベースとした一冊で、どちらかというと上の方がどう意識を変えるべきなのかのかという部分に主眼を置いた内容でしたかね。震災の時にも大きく価値観が変わったのを感じましたし、今回もそのきっかけとなりそうな気がしていますが、ただ仕事と生活を統合するような生き方は果たしてどうなんでしょうね(苦笑)2020/09/27

kubottar

25
コロナによってリモートワークが一般的になった今、古来からの働き方を替えるチャンスかもしれない。2021/01/24

Tenouji

13
外資系コンサルとIT企業を経験された著者なので、日本企業の無駄を見事にリストアップしている。コロナ禍は、確かにそれらを解決するチャンスではあるが、今まで20年近くも出来なかった日本企業…更におかしなことになる事もあるのでは、と邪推したりもしますねw。2020/09/14

ニョンブーチョッパー

8
★★★★★ 購入して何度も読み直したい本。「なぜコロナ禍で働き方の急激な変化ができたかと言えば、何年も前から日本企業の働き方には無理が来ていたからだ」という冒頭の言葉にガッツリ心を掴まれる。「働き方」に関しての「Before」「After」「HowTo」が書かれていて、どのテーマも腑に落ちる。どうしてそんな働き方をしていたんだ?(あるいはしてるんだ?)と思うことばかり。「スーツは思考停止」にはまったく同意。「クールヘッド・ウォームハート」はオケにも共通するかもしれないと思う。2021/08/12

TAGO

7
目次にズラリと並ぶ 『どうして○○○していたんだろう?』 「今までずっとそうだったから」と 理由にならない理由で続いてきた 慣習や働き方が今やコロナ渦で変わりつつある。 この本は働き方にフォーカスしてるけど 学校教育や女性が担ってきた役割も 『どうして○○○していたんだろう?』と 考えたらボロボロ出てきそうだな。 2021/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16255233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。