武器としての組織心理学―人を動かすビジネスパーソン必須の心理学

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

武器としての組織心理学―人を動かすビジネスパーソン必須の心理学

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年01月29日 17時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478111376
  • NDC分類 366.94
  • Cコード C0030

出版社内容情報

心理学から脳科学;集団力学まで;科学的エビデンスに基づく「リーダーシップの新しい教科書」。人間の本性を暴くユニークな分析で;マネジメントの通念をひっくり返す。「厄介だけど放置できない人間関係」を乗り越える最高の知恵が凝縮された1冊。マネジャー・経営者・監督・コーチなど;全てのリーダー必読!

内容説明

心理学から集団力学、脳科学まで、最新の科学的成果が結集。仕事と人生を飛躍させる究極のリーダーシップ法が明らかに!

目次

第1章 妬みを中和し、モチベーションを引き出せ(筋が通らない行動は「感情」のせい;最も厄介な感情は「妬み」である ほか)
第2章 「チームの温度差」を埋めよ(「チームの温度差」の正体―リーダーを悩ます2つの凸凹;温度差を埋めるアクション1 あいさつの影響力 ほか)
第3章 「隠れた不満」を見つけ、有益化せよ(上司への不満は、常に隠蔽されている;不平不満を利用する ほか)
第4章 権力と賢く付き合え(権力が人を変える;上方向への影響戦略)
第5章 「失った信用」を取り戻せ(信頼関係はあっという間に崩壊する;信頼関係を修復するアクション1 謝罪する・赦す ほか)

著者等紹介

山浦一保[ヤマウラカズホ]
立命館大学スポーツ健康科学部教授。専門は、産業・組織心理学、社会心理学。企業やスポーツチームにおける「リーダーシップ」と「人間関係構築」に関する心理学研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしのひ

18
「教育心理学」「臨床心理学」などの心理学は、大学でかじっていたこともあって、ちょこちょこと手を出していたが「組織心理学」は今回が初めてであった。が、同じ心理学という学問は共通なだけあって、聞き馴染みのある話があっての親近感、また「リーダーとメンバー」「上司と部下」といったビジネスに関連した話題の多さに、今の自分への親近感もあった一冊であった。コロナ禍におけるリモートワークなど「今」も取り入れた一冊でもある。「今」を生きている一冊なのにこの値段なのは、コストパフォーマンスにも優れている一冊ではないだろうか。2021/10/13

tkokon

6
【早速確認】○「独自情報の共有」が組織パフォーマンスの高さに直接影響(オープンな情報共有はチームの信頼・まとまりの良さを生む)○PM(パフォーマンス・メンテナンス)ともに優れたマネジャーのもとでは、物理的距離を離れて好影響が及ぶ。○目標にそったポジティブな部分をほめる(ほめポイント=がんばりポイント)でないと効果ない。○組織の衰退は「黙殺」「惰性」「排除」によっておこる。○部下への相談には、部下のコミットメントを上げ、建設的意見を引き出す機能がある。●黙殺・惰性・排除はハッとする。2021/11/20

ミズッチ

6
組織における人々の心理について、わかりやすくまとめてある。上司も人なのだと。お互いに助け合える、雰囲気のいい職場が理想ですよね。2021/11/06

beckio0402

4
書いてある内容は分かっているところもあるが、文字に起こされていると改めて理解しようとする気になった。組織運営の難しさ、自分の心理状態の把握も含めて来年に向けて参考になった。2021/12/28

tanabe2282

4
これからチームマネジメントを行なうことを考え、どのようにすればメンバーを最大限の力を出せる事ができるかのヒントにしたく読み始める。 本書は組織に蔓延しているネガティブな関係をポジティブに変換する方法が書かれている。ネガティブな感情とは、「妬み」「温度差」「不満」「権力」「信用(不信感)」の五つのテーマがあり、各々何がネガティブか?それをどのように解決し、そこからポジティブに変換できると説いている。 非常に分かりやすく説いており、一つ一つが参考になるものであった。再読をし理解を深めたい。2021/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18235789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。